R-T-A Diary

リアルタイムアタックな日記では無く、日々をアクセル全壊で空ぶかしをしている様な日記ですので、間違われた方はCTRL+Wで。。

今年に入ってからのゲーム

と言っても、
KOFとビーマニしかやってない気がする。
気がすると言うか、確定とも言える。
1回2回ちらほら触った作品はあれど、そんなのはやった内に入らない。

>beatmaniaIIDX
前日のスーパープレイはどうしたの?
と言わんばかりのへたれプレイっぷり。
やはり、ゲーセンでプレイしてから、と言うのが重要なファクターなのか。

そう言えばGOLDがまた延期した様子で。
最悪、1ヶ月の延期になる様子ですが、
その間もまだDistorteDが楽しめると言う事なんでしょうかね?
そもそもスコア登録だのが、今日で終わりだった気がするけど、
GOLD発売までの間、追加で何かやってくれない物ですかね。

>EFZ
徐にプレイする事に。
基本的に、PCでゲームをするのが好きじゃ無い自分は、
PCゲーと言うのを殆どしない。
むしろ、Windowsにデフォルトで入っているソリティアやフリーセルが
十分面白いとも言える。
とりあえず、新しいバージョンになってから触った事が無かったので、
どんな物かと触ってみるも、
傍に落ちてたUSBパッドが中々腐り掛けていた様子で、
竜巻を入力すると昇龍が出るという謎っぷり。
お陰で技のコマンドを間違って覚えてた・・・。
軽くプレイして終了。
やはり、アルカナハートよりかは全然面白いんじゃないですかね?

>Kanon
PS2に円盤を入れ電源を入れるも、
PCいじってたら寝る時間になってしまい、
タイトル画面を見る事も無く終了した。

真面目にIIDX

久しぶりにゲーセンにデラをやりに行こうと思い、
昨日、会社近くの店に寄ってプレイして来ました。

相変わらずの寂れっぷりだなと思いつつ、
とりあえず1,000円札を両替。
何時もどおりに、これを使い切ったら帰宅しようなんて思いつつ、
ゲームを始める。

まずは簡単な曲からやり始めると、思った以上に光る。
と言うか、このゲーセンじゃないと光らない気がしてならない。
今までのゲーセンでのプレイは、この筐体が一番多いと思うので、
恐らく自分が慣れている、合っているだけであろう。
個人的に音が小さい筐体は、まともにプレイ出来ないので好きじゃ無い。
かといって、爆音でも良いと言う訳でも無い。
自分の耳に丁度良いボリュームな大きめの音が出る事を望む。
他、筐体自信からの音の他に、周りの騒音も気になる。
だけどデラだけが置いてある、と言う店も早々無く、
むしろ音ゲーフロアなんてのが用意されてるのも当たり前。
ビデオゲームや店内で流れている音楽なんかの騒音も関係する。
まぁ、自分がやっている店は、元々寂れているゲーセンなので、
客が少ない時は、殆ど横でプレイしている人は居ないので、
周りの騒音も少なく、自分のプレイに集中出来る。
恐らく、これは家でデラをプレイする際、
ヘッドフォンを使用してプレイしているのが原因かと思われる。

適当な回数をプレイした後に、
ライバル登録しているなぎ君に負けているスコアを抜こうと思い、
負けている曲ばかりプレイしていた。
しかし、曲の好みが違うせいもあるのか、
意外に好きじゃない曲が抜かれている事が多く、
中々選曲し辛い状況でした。
まぁ、それでも幾つか抜かす事が出来た物もあるし、
僅差で抜いた物もある。
とりあえず、bpm130以下の低速曲は、
HS5にしても譜面の間隔が開かないので、スコアが出ない。
ライバルに自分のもう1枚のカードを登録しているのだが、
なぎ君に負けている曲を選曲したつもりが、
ライバルトップに自分のもう1つのスコアが出て来て、
予想以上のスコアの高さにビビる事が何度かあった。

まぁ、そんなこんなで1,500円ほど使って帰宅する。


帰宅後、
アーケードで調子が良かったので、家庭用をプレイするが、
音がハッキリと聞こえると言うのが、こんなにも良い物か!!と思った。
それに見合う様に殆ど自己ベを更新する事が多かった。
家庭用と言う事で、判定がヌルいと言うのもありますが、
それを別としても、確実に光るタイミングで押せてるなと言う実感はあった。
とりあえず、鳥A目前の曲を何曲か鳥Aにする事に成功した。
むしろ、家庭用ではあるが、月光が鳥A出た事が一番嬉しかった。

色々ゲームをプレイする

週末にまたちょろちょろとゲームをプレイした。

・メルブラ
シオンの永久をやってみた。
永久部分の部品は、入力のやり方さえ慣れれば安定レベルだろう。
問題は、永久に行くまでの部品が出来ない。
人伝にやり方を聞きながらやってたので、
やり方のテキストを読みながら内容を理解すれば、
恐らく大丈夫であろう。

・KOF2002
コンボ精度は問題無かった。

・KOF XI
ハヤテの永久を練習。
しかし、どうやっても3セット目までしか出来ん。
端でのやり方を覚えれば、もう少しセット数を増やせそうだ。
話によれば、永久にはならない様子なんだが、どうなんだろう。

・天外魔境 真伝
スコアタを久しぶりにやるも、全然駄目。
正直、やっててイライラするスコアタである。
コンボに関しては、何か新しい部品でも考えようかと思った。

・beatmaniaIIDX
なぎ君と皿曲でのスコア勝負をしようとなったが、
低速曲が無理だと言う事を思い知る。
挙句、黄色とGOODしか出ない始末となり、
マイベスト-250くらいのスコアが普通に出た。


まぁ、こんな感じ。

Key

Key

友人から、1枚500円で売ってもらった。
Airに関しては、新品未開封だったりする。
週末にやろうと思っていたが、
普通に出払ってて、全くと言って良いほどプレイしていない。
むしろ、今後もするかどうかが解らない、としか言えない。

勘弁願いたいところ

訪問販売の電話がマジでウザい。
自分個人宛てでなく、
無差別に電話してきているところが余計にウザい。
挙句、他人の電話がワークショップに転送されている際、
その電話を取ると、取った本人が対象者だと思い込み、
勝手に話を始めだすのが参る。

『興味無い』
『要らない』

と言っているにも関わらず、
何度も連絡してくるなと。
会社の個人情報が流れると、マジで面倒くさいね。

ほ~むぺ~じ

最近、何も更新してないな~と思いつつも、
更新する様なネタも無ければ、
碌な撮影もやっていない近状。
そもそもPCを新しくした後、
未だにキャプチャーボードを積んでいないので、
何か撮影してもキャプチャ出来ない状況。
明らかにやる気を感じられませんね。

とりあえず、アンヘルでも頑張ってみる事にしますかな。
未だに何かしらの発展は少しずつ出来ているので。
端でのバスウェイに関しては、
最近やってみたところ、全然と言って良い程出来ませんでしたので、
要リハビリな様子です。
何とか、端でのリュウグゥ永久が出来る様になりたい物です。

買い物

RIDE EX
通販で注文し、本日ようやく届いた。
これで板とのセットで、完璧となった!!

ぱ~ふぇくと





後、DSピクロスを買ったが、
完全一人用なのが参ったね。
でもまぁ、面白いから良いか。

ゲームセンターでち

友人が急に会いたいとか言うので、
会社帰りに町田へ出向く事に。
友人を待っている間に、ストライカー1999をまったりプレイ。
6ボスの選び方どうやるんだっけ?と思ってたら、
違う方が発射されガメオベラ。

友人が来た後は、何故かメルブラの対戦をやらされる。
このゲーム、PC版の一番初めのしかプレイした事無いんですが・・・?
と言う気分に浸りつつも、とりあえず七夜を選択。





・・・自分の使っていた頃の七夜とは全然違う様子で、
素晴らしいくらいに遅かったです。
結果は勿論負けと。

続いて、ギルティの新作で対戦。
互いにプレイした事すら無ぇよ、と言う感じ。
まぁ、初心者同士なんで適当に。
選んだキャラは、聖ソル。
まずはインストを見ながら技の確認をするも、
やっている技が出ているのかも謎だった。
と言うか、既にボタン配置を間違っており、

P K S
HS  D

だと思ってプレイしていた。
3ラウンド目あたりで気付き、急いで技の再確認。
適当に超技とガトリングを振って辛勝する。
下手なりにですが、
ちょっと面白かったのは内緒の方向で♪

残り1回何かプレイして決着付けるか、と言う事になり、
選んだのは闘劇種目の2種やったから、
秋葉Dayの種目をやるかって事でアルカナハートにしようかと思ったが、
対戦が予想以上に盛んだったので、無理と断念。
なら3rdにするかと思えど、3rdも対戦が盛り上がってたので無理でした。
じゃぁ、何にすっかなと思った矢先、
目に入ったのが幽遊白書だった。
友人は断固拒否をしたが、
何とか説得の末、対戦を試みる事に。
自分自身、プレイした事は1回しか無かったが、
何だか普通のPPKをガードした後に、
Pやら投げで反撃出来ない事に驚きだった。
大丈夫かよ、このゲーム・・・なんて心配する事も無く、見事勝利!
嬉しくも何とも無かったですがね・・・。

その後は、虫姫さまやビーマニをちょろちょろプレイ。
帰ろうかな?と思った頃に、
そう言えばマジアカ4が稼働日だった事を思い出し、見に行ってみる。
台数は12台くらい置いてあり、
どれも全員プレイ中。
後ろで見ていると1台空いたので、
折角だからとプレイしてみる。
カードは3の頃に少数回プレイした事ある程度なので、
引き継ぐ必要性も無い気分。
むしろ、キャラやキャラ名くらい変えさせて欲しかった・・・。
まぁ、とりあえずで始めるも、
新作が出たと言う事で、
前作でやり込んでた人も修錬生10級な為に、
普通にそんな人相手に勝てるはずも無く、
何度も3回戦止りでしたが、意外に面白かったです。
ゲーセンに行く機会が少ないですが、
今作はちょいとやってみようかなと思いました。

結構遊んだ頃、
12時近くとなったので、友人と揃って帰宅する。
最近は、ゲーセンとか行っても何もする事が無い感じでしたが、
ゲーセンで遊んだ、と言う気分に久しぶりに浸れましたね。

何故か

最近は妙にアニメを見ている気がする。
まぁ、近年のアニメには特に興味が無く、
10年以上前の作品の方が好み・・・と言うか、
昔見ていた事があるせいか、
懐かしいと言う気分に浸れる為であろう。

まぁでも、最近のアニメなんかのノリよりも、
昔のアニメのノリの方が好きではある。

で、最近見ているのは

『ゲンジ通信あげだま』

放映していたのは、確か中1くらいの頃だったかと。
ボンボンでやってた原作よりかは、個人的には面白いと思う。
むしろ、ボンボンの方が面白くなかっただけかと思う。
面白いと思ってたこの作品も、学校で見ている奴が少なく、
全くと言って良いほど話題に出なかった・・・。

怨夜巫女
非常に良キャラな怨夜巫女なんだが、
如何せん小学生と言うのがネックだ・・・。
ってか玉川紗己子が良い味出し過ぎていると言うか、
玉川紗己子にしか出来ないキャラな気がする。










ハイパー怨夜巫女
おまけ

ハイパー怨夜巫女が2回しか登場しなかったのが、残念でしょうがない。

川澄輪舞

会社で仕事をしている際、
ふと休憩を取ろうとロビーに赴き、
ヨーグルトを食べながらコーヒーを啜り、
一時の安らぎを感じていた。

そんな頃、
恐らく今年度入社した、
自分より若いであろう新入社員の面々が歩く中、
ふとした単語が耳に入ってきた。





「川澄コンボがさぁ・・・」





・・・

・・



思わず、啜ってたコーヒーを吹きそうになりましたが、
何かどっかで聞いた事ある単語だな~と思いつつ、
彼らはそのまま歩いて行きました。

世間とは、
広いようで狭いと思いつつも、
まさか会社の中で、
あの様な単語を耳にするとは思いませんでした。

と言う報告です、輪舞先生。
貴方のお名前は、こんな会社の中にも浸透しております。

と言うか、
飯を食べる速度、いい加減早くなってください。

(見ているはず無いから書き放題だな)

色々と

久しぶりに平日に8時間くらい寝た。

今年は収集癖を無くそうかと思う。
手身近に、普段集めている物で、必要無いと予想される物は集めない様にしよう。
と言うか、今までが酷過ぎた・・・。

朝方、
コンビニでヨーグルトを購入した際に、

「スプーンをお付けしましょうか?」

と聞かれたので、

『はい、お願いします』

と答えたにも関わらず、
スプーンが入ってなかったのですが、
この場合、どうしたら良いのでしょうかね?
会社での朝食にと購入したのですが。

Air

自分で言うのも恥ずかしい話ですが、
自分はとても涙腺が緩い方です。
簡単な感動物の話でも泣き、
人が泣くようなシーンを見るだけで、簡単にもらい泣きします。

Airを見ようと思った切っ掛けは、
昨年のゴールデンウィーク頃に、
友人が家でAirの総集編のDVDを見ていた事が切っ掛けでした。
徐に再生をし始め、友人は楽しそうに見ていましたが、
自分は最初、全くと言って良い程興味を惹かれず、
ただ黙々とPCの方を向いていた記憶があります。
色々な話が進み、
キャラそれぞれの話が展開していく中、
ふとテレビの方を見た際、
丁度、自分がこの作品を見てみたいと思った切っ掛けとなるシーンでした。
画面には、観鈴がトランプを配りながら泣きじゃくるシーンが映っており、
そのシーンだけを見た自分には、何が何だかサッパリでした。
その前後も訳が解らず、
何故にそうなったのか?と言う過程も全く解らない。
この作品がどう言う内容なのか?と言うのも解らない。
でも、
そんな過程云々なんかよりも、
ただただ、そのシーンに何かぐっと来る物があり、
そのシーンだけで、この作品を見てみたいと言う気になりました。

と、
こんな事があってから結構な時間が経った昨晩、
時間潰しにと、手元に転がる円盤6枚を再生してみようと思った。
時計の針は、既に23時を指している頃でした。
円盤1枚に2話入っており、
全部で6枚ある訳だから12話構成と言うのが即理解できた。
1話大体20分ちょいと考えても、
12話全部見ると4時間オーバーか・・・。
こりゃ全部見るのは無理だなと思い再生を始めるも、
気が付けば、
12話全部を見終え、
時計の針は3時半を指すと言う愚行を働いていた・・・。
まぁ、これで内容がつまらなかった、と言うなら大損だが、
個人的には満足出来る物であったので良しとしよう。
ただ、
面白いかどうかと聞かれたら、

『面白かった』

と答えられるかは微妙でした。
ゲームと言う長い時間を短い時間に纏めなければならないであろうし、
どれくらいの内容が省かれているかは解らないが、
話自体が見えない感がある。
大体の内容は理解したつもりだが、
まだ幾つか不明な点があるからこそ、出る感想であろう。
先に書いた、自分が作品見ようと思う切っ掛けになったシーンも、
話の前後や過程がある訳でも無く、
自分が見た時そのままに唐突であった。
それがどう言う理由で、どうしてそうなったかと言うのを見続けるも、
どうしてもせつない気分にしかならなかった。

冒頭に書いた様に、自分は涙腺が緩い。
故に簡単な感動物の話でも泣くが、
この作品の見ている間、
何度泣いたかは解らない。
特に、後半の観鈴の話が進むに連れ、
じわじわと目元が緩む事が増えた。
3部構成になっている最後の話の部分では、

『誰か、リモコンの停止ボタンを押してくれ!!』

と言いたくなるくらい泣いた。

いやね、

あれ無理!!

耐えられん!!

何だか、作品が面白いかとか面白くないとか、
そんな事はどうでも良い気分になってた。

自分が涙を流す事が出来た、

ただその事に感謝したい気分になった。
自分が流したい分だけの涙を流した後、
とても良い物に巡り合えた気分になりながら床についた。



どうでも良い話だが、
自分は昔から、

「どろり濃厚系」

と言う単語をよく用いている。
それが何時頃から使い始めているかは解らない。
かなり昔から自分で使い始めた言葉なのか、
それともこの作品に出てくる単語を知ってから、
気付かぬ内に使う様になってたのか。
どちらなのか定かでは無いが、
今後、自分の中では非常に使い辛い単語の1つになった事は確かだ。

人に、自分の色を混ぜ、自分の色に近付けるのは簡単である。
でも、人の色を協調させる色を人に与えるのは難しいと思う。
たとえ簡単な事でも、
少し違う色を混ぜてしまったら、元の色には戻らない。
人の長所を伸ばすアドバイスをすると言うのは難しいと思った。



自分はよく、
人に対して話をする際、

(あ~、この人は解ってないんだな)

と思われそうな発言をする事が多々ある。
それは、人からの返答を聞けば大体察しがつく。
ただ、それを直そうとは思わない。
でも、話している際には、自分で面倒な性格だなとは思っている。

quasar

会社で、他の人がやっている仕事のチーム名が

quasar team

と言う名前らしく、
自分もそのチームに入って仕事がしたいと、
心底思った。

PC製作記

何とか設定等も終えて、今まで通りに使える感じ。
そんなこんなで、PC構成でも書いてみる事に。

<旧>
CPU:Intel Pentium4 Northwood 3GHz
Mother:ASUS P4P800 SE
Video:ATi RADEON9600Pro
Sound:SoundBlaster Audgy2 Plutinum
Memory:DDR-400 512GB x4
HDD:WesternDigital WD2500JS x7
Optical:Plextor PX-716A
Other:Canopus DVStorm 2 Light
Adaptec Serial ATA II RAID 1420SA

<新>
CPU:Intel Core 2 Duo T7400
Mother:ASUS N4L-VM DH
Video:EAX1950PRO CrossFire
Sound:Onboard
Memory:DDR2-667 1GB x2
HDD:WesternDigital WD2500JS x7
Optical:Plextor PX-716A
Other:Canopus DVStorm 2 Light
Adaptec Serial ATA II RAID 1420SA

こんな感じですね。
ケースは新しくMicroATX用の物を購入しようと思ったのですが、
何が良いのかとか、カードの干渉が有るかどうかを調べないと駄目なので、
とりあえず現状は保留し、今までのデカいケースを使用。
HDDは、とりあえず3台は普通にPCを使う際に必要となり、
残りの4台は、仕事や趣味などに使うので、
4台のHDDは内蔵せず、ポートマルチプライヤにしようと思った。
ただ、ポートマルチプライヤ用のケースが中々な値段がするので、
今は手を出すのを控えている。
なので、今まで使用していたSATAのカードを用いて、
今まで通りにHDD全部を認識させている。
キャプチャーボードは必須なので、
スロットにSATAのカードとキャプチャーボードを挿すとスロットが埋まり、
サウンドカードはオンボードの物で諦めた。
まぁ、それなりに良い音が出ているので、
ポートマルチプライヤを導入するまでの我慢としておこう。

・CPU
CPU
北木が、物凄くゴツく見えますね。
いや、実際ゴツいんですけどね・・・。

・MotherBoard
旧マザー新マザー
スロット数が減ったので、結構な縮小になった。

・Video
ビデオカード
今まで使用していた物以上にデカく、
正直かなり驚きました。
カードを見ないで適当にケースを買ってたら、
間違い無く干渉したと思います。
あっ、古い奴はファンレスにした為、変なヒートシンクが付いてます。


処理云々に関しては、まだ何も試していないので何とも言えませんが、
明らかに簡単な処理をさせても、今までよりも快適感はあります。
今回はCPUから選んだ故の構成となってしまいましたが、
手を出した事が無かったMicroATXを触る機会が出来たので、
良かったと思います。



・おまけ
ヒートシンク
今まで使用していたファンレスのヒートシンク。
冗談抜きでデカかったですし、
かなり無理矢理感がある付き具合だったので、
マザーが少し湾曲しました。
次のページ

FC2Ad