R-T-A Diary

リアルタイムアタックな日記では無く、日々をアクセル全壊で空ぶかしをしている様な日記ですので、間違われた方はCTRL+Wで。。

3ヶ月前のコーラ

3ヶ月の間、未開封のまま人の家の冷蔵庫に眠らせてた物を開封した。

未開封なのに気が抜けてしまってると言うとんでもない状態だった。

正直、未開封なら何時までも保つと思っていたのだが、予想外である。
買ったらさっさと飲めって事なのだろう・・・。

MPCで色々と遊びながら勉強

MPC オプション:音声
前々からここのオプションを弄る事は少なかったのだが、
ふとMPCでBDを再生してみると、音声が4chでしっかり設定出来る様になっており、
ここを弄る事でBGMと音声、効果音の配分や、どう言う風に音を配置しているのかが解り、
音声を聞いているだけでとても面白かったりする。

プリキュアオールスターズ New Stage スイート変身バンク
まぁ、使用したのは、すぐ手元にあったオールスターズではあったのだが、
スイートの変身バンクは使われている音が豪華なので配置とバランスの配分がとても面白かった。
特にフロントセンターとリアセンターの音の種類はほぼ同じだが、
ボリュームや周波数の調整が上手く出来ており別々の音になっている。
フロントの音の内側をリアが縁取りをしている感じで、音がしっかりと輪郭を持っているのが良い。
そこに声と効果音が混ざって来る感じで、その為にTV版とは違う音声の迫力がある。
ぶっちゃけ、知らない音が真面目にあった。

ハートキャッチ サンシャイン 変身バンク
BGMや音声を省いて効果音だけにする事も出来た為、
サンシャインの変身バンクで、シャイニーパフュームをキャッチする時、
ビンの中の水が揺れる様な音が鳴っている、なんて事も今更知った。
本当、たった一瞬のコマなのに細かいなと関心した。


何か手持ちのBDを色々掘り返してみようかな、なんて思ってしまう楽しさがあった。
たまらんな、本当。



たおやかさん
たおやかさん可愛い♪
ってか最近、ようやくスイートの良さを理解して来た気がする。

プリキュアオールスターズ New Stage OP ミントプリキュアオールスターズ New Stage OP アクア
OPのこの2キャラの表情だけ、何度見ても他のキャラと違い過ぎて笑える。
ミントは絵が崩れなければ良いキャラだとは思うんですがね。

来ましたよぉ♪

ねんどろいど ニャル子 冥土Ver.
とても可愛らしいのが来た。

キャラクタは、元々面白く可愛らしいと思っていたので、
紹介ページにある様な表情パーツを見て購入した。

一番の問題は、髪のパーツで何時も使用しているケースに入らない事である。
そろそろ並べる用にアクリルで箱を作るかな?

ただの身勝手です

満員の通勤電車の中で電話を取らなかった事に文句を言う女が居れば、
真昼間の仕事中に電話を掛けて来て、それを取らないと文句を言う女も居る。

両方とも、ただの馬鹿だと思っているが、その相手をしている男も馬鹿だと思っている。
そこは相手に電話を取れる状況じゃないと言う事を諭してやるのが役割だろうと。
周りの環境や人に一切迷惑が掛かる事なく、自分一人だけ時間を割けるならどうぞと。
ただ、満員電車の中で電話を取ると言う事がどう言う事なのか、
就業中に廊下で電話越しにお喋りの相手をすると言う事がどう言う事なのか。

女は少し我が侭な方が可愛いと言うが、これは我が侭では無い。

ついに来てしまった

NEWラブプラス+ ネネデラックスコンプリートセット
5.jpg
3.jpg
さて、ソフト自体の購入は検討する必要は無いが、
問題は本体同伴版を購入するかどうかの検討である。

ぶっちゃけ、MH4をプレイしていた時は、真面目にもう1台欲しいと思っていたが、
今となっては完全にラブプラス専用機に戻っている状態なので、
追加でもう1台欲しいと言う事も無い。

前作の様な抽選では無く受注生産の様子なので、予約さえすれば購入できる。
しかも、量販店でも同じ扱いらしいので、コナミスタイルで購入する意味が無い。
それこそ、コナミスタイルのみの特典でも付けなければ人は寄り付かないだろう。



まぁ、悩む暇あるんだったら、予約カートのボタンを押せって事か。

大変だ・・・

COPPELION BD 1巻
今日、この商品が届くまで、新しい話を借りに行く事をすっかり忘れていた・・・。

週末に梯子した映画

劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語
劇場版 ペルソナ3 -#1 Spring of Birth-

この2つ。
自分が言い出したのは後者だったのだが、
誘った友人が前者を観たいと行った為、何とか予定を立てて観に行く事に。


~劇場版 魔法少女まどか☆マギカ[新編]叛逆の物語~
TVの本編は全く見た事が無く、今回の映画で初めて作品を見る事になった。
と言うか、本当は全く見ないで墓に入るつもりだったのだが、
「映画」と言うフィルターはとても強く、映画として誘われると不思議と断れない。

作品の内容自体は全く知らない訳ですから、いきなり始まった内容からポカーンって感じ。
何より、キャラクタの名前と設定が解らないと言うのが致命的だった。
作品名になっているヒロインのキャラクタも、名前で呼ばれた場合なら解るのだが、
苗字で呼ばれていると、どのキャラなのかも解っていなかったと言う具合。

観ると言う覚悟は決めた訳だから、予習なり何なりしてくれば良かったと後悔した。

で、作品の内容としては、毛嫌いしていた割には意外と面白く感じた。
と言うのも、地元民で一人、この作品の何が面白いのかをはっきりと言う友人が居て、
その友人が、

「友達同士の友情の話が好きだから、この作品が凄く面白く、好きである」

と言う感想を以前聞かされ、
映画を観ている時にも、その友人が言っている意味がはっきりと理解出来る内容であり、
確かにそう言う視点で観ていると面白いと思える作品だなと感じた。
ただ、こればかりは、友人の感想があったからこそ自分が思った感想であり、
友人の感想が無ければ、もう少し違う感想が出て来たのかもしれない。

映画を観た事をその友人に話してみると、
友人も面白かったと言う感想を抱いてはいたらしいが、
「友情」と言う感情から「愛」と言う感情になったと言う事に疑問や不満を感じてたらしい。
流石にその辺までの感想は、作品をよく知っていないので解らなく、判断出来なかった。

ちなみに、観たいと言い出した友人は、当日に仕事が入り、観に来れなかったりするオチ。
3人で観に行く予定だったので、自分だけにならなかったのは幸いだったと言おう。


~劇場版 ペルソナ3 -#1 Spring of Birth-~
発表から上映まで1年以上あったのかな?
とりあえずゲーム自体はプレイした作品なので観に行く事にした。

内容としては、劇場版と言う事で本編が100分ほどしか無い為、
ゆっくりと話を進められず、重要なイベントのみの話で展開されて行く。
イベントとイベントの間の話なんかは、軽く触ってすっ飛ばす様な勢いなので、
紙芝居を見ている様にも感じ取れた。
その為、原作を知っている人にはスンナリ(?)と内容を見て行けると思うが、
知らない人にはちょっと厳しい内容になっていると思った。
まぁ、この辺は劇場版故の問題であろう。
戦闘のアクションは、アニメのP4と同じ様に淡泊と言うか地味目に感じ、物足りない。

今回の内容では特に関係無かったが、
今後の展開を無印とフェスのどちらの内容で行くのかが気になるところである。

内容を見ていて、主人公の無機質な感じは良く出ているなと思ったのだが、
一緒に観た友人たちは多少なり違和感を感じていた様子。
4の主人公は人間味があったとは思うのだが、
3の主人公は、あれくらいの機械的な雰囲気なのだと個人的には思っていた。
むしろ、アイギスと言うキャラがが出て来てのも、そう言う理由なんだと解釈していた。

とりあえず、風花可愛い♪
後、美鶴のメット姿を見ると南条君しか思い出さない。

タイトルから察するに4部作にはなると思うのだが、
4部終わらせるのにどれくらい掛かるのかが解らない。
まぁ、7部作を終わらせるのに2年、+αで3年、最終的には6年掛かった作品もある為、
気長に待って行こうとは思う。

ただ、この作品自体は、それほど好きではなかったりする。
むしろ、天邪鬼な性格の為、出てから段々と嫌いになっていった作品である。

さて困った

諸事情で金が必要となり、年末まで少々出費の我慢を強いられる事になった。
ボードなんかに遊びに行く分くらいは全然問題無いと思うのだが、
購入を予定していたボードのブーツとビンは控える事にしよう。
来月になってからカードで購入~翌月払いにしても良いのだが、
来月中に12~3万くらい必要になる可能性もある為、考え処。
とりあえずは、昨年に購入した物を使う事にしよう。

と言うか、
SLXを使っているのだから、買い換える必要があるのか?と言われてもしょうがない。
フィット感は確かなのだが、クイックレースが緩み易いと言うのも使用して感じた難点。
グローブをした状態で締め易いなら何も不満は無かったのだけどなぁ・・・。

ガチャ率アップイベント

プレイしている携帯アプリゲームで行われているイベント。

現状のガチャは「ハズレ」「準アタリ」「大アタリ」の3種。
この内、準アタリ以上が150%アップと言うイベントなのだが、
体感で準アタリの確率が2%程らしい。
150%と言えば凄く増えている様に聞こえるが、
ただの1.5倍であり、増えても3%程度である。

何度か回してみたが、当然の様に確率が増えている気がしない。

円盤を買ったのだから、当然だろうと思いたい


何となく応募しておいたが、当選したらしい。
円盤買って抽選とか、倍率高めのイベントだと死ねるだろう。
アイドル物の何とかマスターとか言う作品がそんなだった気がする。

しかし、先日のむろみのイベント行った時、
もう懲り懲りだと感じたので、正直乗り気じゃない・・・。

携帯アプリゲーム

長々とプレイしているゲームが一つあるのだが、
少々困っている事が一つある。

自分の携帯(SH-02E)は電池の保ちしか取り柄がないために、
描画や処理の性能が思ってた以上にクソな挙句、
画面タッチの反応も悪かったりする始末。

ゲームはスクロールアクションの単純な物なのだが、
携帯の性能のせいで、描画処理が悪く処理落ち状態が激しく、
また、画面をタッチしても無反応と言う事もしばしば有り、
そんな状況下でプレイしている。
家でプレイしている時は、
ダンボールや布団に携帯を投げる事などしょっちゅうである。

携帯の性能がゲームだけの問題なら良いが、
通常の使用でも電波は無い、画面の反応も悪く、
F-10Dとは違う意味で携帯として終わってる。
ベンチマークのスコアなんて意味が無い事を理解させられた。

で、ゲームのスレッドを見てみると、

「処理落ちは甘え」

とか言っている輩が多くて困る。

他ゲーで例えれば、熱帯でクソみたいなラグと言うのが手っ取り早い。

PS3のMHFG

11月27日までオープンβらしいので、とりあえずプレイしてみる。
プログラム自体の容量は70MB弱だったが、アップデートのプログラムなどが非常に大きく、
アップデートの最中に録画した番組を1話観る余裕すらあった。

PS3 MHFG
とりあえずテレビでプレイする分には気にならなかったが、
キャプチャしてPCのモニタで見てみると、意外と汚いなと思ったり。
と言うか、PCがグラボ依存で綺麗なだけなんだと思った。

新しいキャラなので、勿論HRは1からだが、
Fを始めたばかりの頃に比べると、比較にならないほどプレイ環境は緩和しており、
ソロでもCPUのお供キャラが3体居る為に、討伐が全然苦にならない。

開始して間も無い為か、少し見回ってみたけど、まだ廃人様は居ない雰囲気。
今はHRPが倍になるイベントが発生しているので、とりあえずゴゴ狩りの真っ最中。
装備は相変わらずランスを選んでいるが、ゴゴ素材で早々にゴゴランスが出来上がり、
リーチ長の麻痺武器と、開幕早々に楽をしている状況である。
ただ、最初に着ていた装備のままなので、ランスのスキルが全く無く、
防御力に至っては護符で強化している感じ。
強化素材すら足りないので、さっさとHRを上げて、フルクシャ作った方が早そう。
家具屋が来ていれば、剛力珠の回収を黙々とやったのだが、残念である。

ゲームの内容としては、ちょっとウィンドウを開くと止まったりする事がある他、
BGMが途切れたりする事があるので、軽い処理落ちが起きていると思われる。
正式サービスまでには直すべき点であろうが、それまでプレイしているかは謎である。

360の時にも思ったが、
家のテレビが43インチなので、でか過ぎて視野に入り切らず、逆にやり難い。
やはり、アクションゲームは視野に入るサイズのモニタでプレイするのが良い。

モンスターエナジー

近所の薬局で、何故かワゴンセールの中にあり、
1本130円と言う破格な値段で売ってたので貯め買いしてきた。
一昔前前に比べると、割と安売りする店は増えて来たと思う。
ネックなのは値段だけだったので、この値段は有り難い。

キャプチャ

自分が使用している物は、

~VGA~
SC-500N1

~HDMI~
DC-HC1

この2つ。
その他にもPV4とかあるが、PS2はHDMIに変換しているので眠っている状況。

最近、所用でNEOGEOを起動した時にSC-500N1の方を久しぶりに挿したが、
相変わらずDC-HC1と競合してSC-500N1優先される状況になり、PCが腐る。
挙句、アマレコで撮ると動画の画面サイズがとんでもなく腐ったサイズになり、
結果的に画面サイズの編集を行う事になった。

VGAでのキャプチャ自体、殆どしない事からPCから外していたが、
ドライバが新しくなっても競合するなら、もう使う事が無さそうな雰囲気である。
FRAMEMEISTERを導入したら、それこそ不要となる。

とりあえず買っていた物


ダースの味はしっかりしつつ、
ドリンクにした時の薄さも感じられず、
結構、濃厚な甘味がある。
ココアの代わりに飲んだりするのも良いかと思う。


ナッツの香りが少し強めだけど、
コーティングのチョコとよく合う味になっていると思う。


カシスのソースの酸味が強く、香りも良いので中々美味い。
ただ、バニラアイスの部分が少々いまいちであり、ソースが絡まないで食べた時の残念さ。
少し溶かして混ぜて食べるのが一番美味いと感じるのは久しぶりだ。


乳酸系炭酸飲料。
特別な味は無い。


みかんの味がとてもよく出ており、炭酸と合っている。


要はシュークリームの中のクリームだけを啜っている様な物である。
味はよく再現出来ているのだが、何が「飲むシュークリーム」なのか解らない。
付属のストローが太いので、全部飲みきるのが大変である。
全部飲むには、激しい爆音を立てて飲む事を覚悟するべし。


苦くしたいのか甘くしたいのかがよく解らん。
ただ、普通のバンホーテンのパック飲料よりかは美味いと思うのだが、
500mlと言う量が多く感じる。
200mlくらいの小さいパックで欲しいところ。


シナモンの香りの後、何故か辛味が来るリンゴジュース。
リンゴジュース自体の味は濃い目なのに、他の味や香りが変な主張をしてしまっている。
多分、美味く分量を配分出来れば美味くなると思うのだが、微妙にズレている気がする。
シナモンやジンジャーは好きな素材なだけに、少々残念である。
次のページ

FC2Ad