R-T-A Diary

リアルタイムアタックな日記では無く、日々をアクセル全壊で空ぶかしをしている様な日記ですので、間違われた方はCTRL+Wで。。

これが我が携帯の力だ!!


屋外でのLTEアンテナ4本とは一体何なのだろうか?
まるで表示の意味を成していない。


で、これが自宅。
1本でも4本よりも良いスコアが出てしまっている。

原因はアンテナの所の△▽のマーク。
通信をする時にはこのアイコンがアンテナの上に重なって表示されるのだが、
4本の時にはこのアイコンが全然・・・と言うか全くに等しいほど出て来なかったのよ。
要はアンテナ立っていても通信をしていないって事だろう。
この現象が頻繁に起きる為、通信をしている最中に読み込みで固まる事が多い。
未受信メールの通知があるから受信しに行けば、1分以上通信中の表示が出っ放しなんてよくある事。
勿論、電波状況を意味するアンテナが元気良く4本立っていても起こる。
で、△▽の表示が出た瞬間、受信を始める。
結局、アンテナが立っていようが、通信のやり取りをする事が出来ない状況があったり、
通信をするまでに時間が掛かり過ぎる事があると言う事だろう。

通信のやり取りをしての測定なのに、通信しないんじゃ、そりゃスコアも出ないってもんだ。
通信をしないって現象の報告は散々しているが、メーカーは異常なしと言う4文字しか言わない。
何を以って異常無しなのかも言わない事が異常で、それで通してしまおうとしている事も異常。
ドコモ回線を使用して異常があると言うなら、回線状況が原因と言うのも考えられるが、
Wi-Fiで繋いでいても起こる現象なので、どう考えても通信カード(ハード)の問題としか考えられない。
そろそろ、ドコモショップの店舗を変えて話に行った方が良い気がして来た。
よく行く職場付近のみなとみらいの店舗は、解っている店員が一人しか居ないので話にならない。

正直、前のF-10Dは、生まれた瞬間から駄目な子だったが、
今のSH-02Eは、時間を掛けて駄目な子になったと言うのが正解な気がする。
やはり、SH-04Eにしておけば良かったと今は常々思う。


オマケ

JR横浜線 菊名~十日市場 区間を測定しようとしたら、
全く通信を行う気配が無く、1回のフルテストを終えられなかった。
挙句、先日は2桁のスコアで愕然としていたら、今日は「0」と言う数字を叩き出してくれた。
真面目に、この件についてドコモに理由を説明して欲しいわ。

携帯のソフトウェアが更新された

通信周りは何も変わっちゃいない!

年末から散々ショップに駆け込んで症状を伝えて来たのに無駄だった様子。
2chのスレッドでも不満の書き込みが増えるのも当然だ。

とりあえず何か聞きに行ってみるかな。
最近、通信周りが一度HSDPAに落ちた後、
LTE圏内に入っても再起動しないと戻らない事が多すぎる。

バスタードと言う漫画から学んだ事

あの作品がジャンプで始ったのが小学生くらいの頃だったが、
最初は少しエロい感じの漫画みたいな程度で読んでいたけど、
アンスラサクスが出て来た辺りから風呂敷が広げられて来た感じで、
内容が天使や悪魔だのの話になった事は、正直言って残念だった。

ただ、あの漫画の中では、
「天使」と言う存在が人間の味方では無いと言う表現がされており、
「悪魔」と言う存在との間に人間が居る形となり、
結局、どちらの存在も人間にとっては、ほぼ敵である、
と言う内容は面白いと思っており、それまでの考え方を一気に壊してくれた。

人間が主人公であり、天使や悪魔が出て来ると言う作品は、
大体は天使と言う存在は人間の味方で、悪魔が敵と言うのが多いと思う。
悪魔が味方で、敵が天使、なんて作品もあるのかもしれないが、自分は知らない。

天使と言う存在を「神」と言う表現にするが、
手っ取り早く言うと、神は善、悪魔は悪、と言うのが一般的な解釈かと思う。
ただ、もしかしたら、その逆もあるかもしれず、
また、バスタードの話と同じ様にどちらも悪である事もあれば、
どちらも善かもしれない事もある。

そんなこんなで、神は善なのか、もしかしたら悪なのかも、
みたいな事を考えていたら、面白いページがあって読みふけってしまった。
そこに書いてある考え方はとても面白く、こう言う考え方もあるんだなと思い、
一体何のページなのかな?と思いURLを削ってTopに行ってみたら、
キリスト教の教えのページだった・・・。

割と限界

精神的に病んでいる
早く明日になって欲しい

引き籠もりって、何だか楽しそうかも

はじめてのでぃすふぃろあ

極限征伐戦 ディスフィロア
初めて行ってみた極限征伐戦。
正直、自分の装備でよく行く気になったなと思わんばかりです・・・。

ディスフィロア自体のベースがアルバと言う事で、初めてでもそこそこ対応出来た。
ただ、やはりFに輸入したと言う事もあってか、とにかくメチャクチャな攻撃が多く、
開幕にいきなりメテオが降って来ているなと慌ててたら、直後に氷塊が降って来て8割くらい減ったりと、
旧バルカンに近い初見殺しでしかない。
地面に棘生やして突進したり、設置の氷柱出したり、振り向きのブレスが速過ぎたり、ビーム撃ってきたりと、
アルバに無い物が多過ぎて、それらの対応に時間が掛かってしまった感じ。


個人的にアルバと言うモンスターが凄く好きで楽しいと思っているのもあってか、

メチャクチャだ!!

キツい!!

でも楽しい!!!

と、とにかく興奮して、心底楽しんでました。
これは、装備が整ってしっかりと遊べる様になったら、真面目に面白くなりそうです。
一番弱い段階でこれだけ攻撃が豊富なのだから、レベルが上がったらと思うと恐ろしいですがね。

と言うか、装備等が適正レベルじゃないせいか、防御力が100ちょっとしか無くて参りました。
それでも結構耐えれたので、レベルの低さによる、火力の低さってのも痛感しましたね。
後は、真根性万々歳ですか♪

1回クリアしたと言う事もあり、レベルが少しだけ上がったのですが、
極限征伐戦 2回目・・・
2回目に行ったら適性レベルじゃないので、防具着ているのに酷い数字です・・・。



マジ、見てるだけで楽しい♪

個人的に思う漫画とアニメの関係

恐らく世間的に、漫画とアニメ見ていると言う発言をした場合

漫画>>>>>アニメ

みたいな感じで、圧倒的にアニメを見ていると言うと良い目で見られないと思う。
ただ、漫画もアニメも同じジャンルと言っても良いとは思うので、考え方を変えれば良い。

漫画雑誌を読む = TVアニメを見る
漫画雑誌を買う = TVアニメを録画する

こんな感じに考えればよいと個人的には思う。
電車でジャンプを読んでいるおじさんをオタクと思った事はあるだろうか?
大体の人は無いと思う。
それをポコティブに考えれば、アニメの放映を見ているくらいは何でも無いと言う事だ。
漫画のドラゴンボール読んでるからアニメも見ている、と言っても誰も気にしなかっただろう。
これの延長で、

漫画のコミックを買う = DVDやBDを買う

読み損なった話や、好きな作品ならコミックを買う人は大勢居るだろう。
アニメも、放映を見損なった分を保管する為とか、好きな作品ならDVDなどを買っても、
それはコミックを買う事と同じ程度に考えれば良いだけだ。
『値段』と言う物が10倍界王拳している気もするが・・・。

ここら辺までは別におかしい事は無いだろう。
つまり、アニメを見る程度なら、普通に漫画を読んでいる程度と解釈すれば、
別に恥ずかしい事では無いのだよ。

作者のサイン会や展示会に行くとなれば、
それは声優やアニメのイベント、ライブに行く様な物であり、
ここまで来ると、一言で言えば『オタク』と認識されてしまうだろう。

何事も程々ならば、他人からは普通として見られる物なのだよ。



と、適当に言っておく。


しかし、

『毎週、プリキュアを見ています』

と言って、これを『漫画雑誌を読む』と言う事と同じと解釈する人は殆ど居ないだろう。
見事に自爆った気がする。

超絶オトイレ

武:                   ○ ○ ○
頭:超絶のピアスⅠ      Lv7  66 耐性珠G 龍王珠 龍王珠
胴:オカミF【胸当て】    Lv7  96 針穴珠G 針穴珠G ○
腕:トリートアーム      Lv7  82 耐性珠G
腰:イーリスベルトSP    Lv1  43 集中珠SP
脚:レアルFZフット・白   Lv7 137 ○ ○ ○

防御力:425 火耐性:5 水耐性:5 雷耐性:2 氷耐性:2 龍耐性:2

発動スキル
狙い撃ち,集中+2,自動マーキング,最大数弾生産,でかいの来い!,脱臭



もう助けて・・・
サポガン用装備と聞いて検索かけたら、腹抱えて笑い転げたわ♪

空気さん

ねんどろいど 黒木智子 1
久しぶりにあみあみから物が届いたと思えば、写真の空気さんだった。
アニメの絵柄をフィギュア化した感じなので、大分丸い感じ。
原作の絵の雰囲気をフィギュアにしたら、ちょっとそれはFigmaでやってくれ・・・ってなりそう。



ねんどろいど 黒木智子 2
とりあえず、この形でケースに入れて飾っておく事にする。
他のパーツを収納ケースに入れようと、付属のパーツの確認をしようと思えば、
説明所が欠品しており、正確な情報が解らないハメとなる・・・。
とりあえず、グッスマのサポートには連絡を入れておく。

大切な事を忘れた事を、とても後悔した

1年に1度の大切な日を忘れ、その事に気付いたのはその日が過ぎてから。
気付いた時に、出来るなら時間を巻き戻したいと思ったのだが、
まぁ、過ぎてしまった物はしょうがないなと諦め、今日1日を過ごした。
が、今日の夜型、昨日と言う日を忘れた事を心底悔やんだ。

今、本当に気が滅入っている。

幸せチャージ♪

ハピネスチャージ 3話OP 10周年 キュアパッション 01
1話でブラックは当然と思い、2話目はホワイトかと思いきや、まさかのドリーム。
もう、どう言う順番なのかサッパリ解らないよ・・・と思って録画した3話目を見始めたら、
10周年のロゴの後、この絵が映った一瞬で、
ハピネスチャージ キュアプリンセス
マジでこんな気分になった。

ハピネスチャージ 3話OP 10周年 キュアパッション 02ハピネスチャージ 3話OP 10周年 キュアパッション 03
ハピネスチャージ 3話OP 10周年 キュアパッション 04ハピネスチャージ 3話OP 10周年 キュアパッション 05
早すぎるパッションの登場に、ヒャッハー!!と喜ばざるを得ない。
後はホワイト、ブルーム、ピーチ、マリン、ビート、辺りを見終えたら、私のハピネスは終了するかも。

そんなこんなで、冬アニメが始って半分くら時間が経った為、そろそろ見ている作品の感想を纏めてみる事にする。


~最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。~
最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。 1話最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。 1話
俺の妹が、と言うアニメ作品を見た頃、電車の中でこの作品の広告を見かけて、
似た様なタイトルの作品だなと言う感じで記憶に残り、友人宅で原作は読んだ事があるので、見ている作品。
コミックのイラストからすれば、大分キャラクラの安定度はあると思う。
ただ、内容に関しては、エロ要素とキャラクタに可愛さを求める以外なら、正直言って面白いとは思えない。
TV放映でのTSTの修正は、どう言う形になっているのかを想像させられるので、逆にエロい気はする。

~ウィッチクラフトワークス~
ウィッチクラフトワークス 1話 火々里ウィッチクラフトワークス 1話 倉石
原作を読んでいるので見ている作品。
意外と原作の絵を崩さずにアニメの絵にしているなと関心している。
作品の内容としては、よくあるファンタジー系の作品と言う事と、
内容に目立つ特徴がある訳でも無いので、アニメから見始めた人には面白味を中々感じられないだろうと思う。
個人的には、たんぽぽ推しである。獣耳強し♪

~スペース☆ダンディ~
スペース☆ダンディ 1話 ダンディスペース☆ダンディ 1話 ハニー
渡辺信一郎作品と言う事でチェックをした作品。
放映前は、キャラクタに個性がある作品と言う事と宇宙と言う事でビバップ的な作品になるのかと思えば、
いざ始ってみれば毎週ハチャメチャな内容な上、1話限りの話なので気軽に楽しめる。
ただ、この手の路線の内容が好きじゃない人には、恐らく全く楽しめない作品でもあるかと。
正直、もう一人のナベシンのエクセル系な雰囲気はあるなと、今のところは感じている。
キャラクタの絵が魅力的だと思うので、それで見る価値もあるかとは思う。
個人的には、諏訪部順一の声を聞いているだけで満足でもあったり・・・。

~ノラガミ~
ノラガミ 1話 01ノラガミ 1話 02
作品設定を見て面白そうだなと思い見始めた。
今のところ、話はゆっくり進んでいる感じで良いと思うし、つまらないと感じる部分は無い。
キャラクタの設定と話の内容で楽しんでいる感じだし、作画も安定しているので安心して見ていられる。
絵柄のせいか、ひよりと言うキャラが高校生なのかと思っていたが、中学生と言う設定に驚きである。

~咲-Saki-全国編~
咲-Saki-全国編 1話 エイスリン咲-Saki-全国編 3話 愛宕
続き物なので見ている。
とりあえず、原作の進行具合から余裕で追い付くだろうと思っていたのだが、
アニメのドラゴンボールばりの勢いで回想と尺延ばしで時間を稼いでいる感じ。
6話終了の時点で中堅の後半戦開始と言う状況から、余裕で大将戦で今回のアニメが終了するとしか思えない。
原作の次鋒戦の描写にはイマイチ感があったのだが、アニメではエイスリンの能力の演出が上手く出来ていたと思う。
個人的に、全国編のキャラクタは、中々面白いとか可愛らしいキャラが多いとは思ったり。

咲-Saki-全国編 1話 原村
公式のTOP絵のこのキャラを見ると、流石にあれはおかしいと思う。

~となりの関くん~
となりの関くん 2話となりの関くん 3話
この作品自体を知ったのは、恥ずかしい事にこの作品が本作のパロディと言う事からである。
かなり前ではあるが、店頭でお試し本みたいなのが置いてあり、
少し読んでみて何となく楽しいと感じる部分があったのでアニメを見てみる事にしたのだが、
どうも個人的に好ましいベクトルでは無い感じになってしまっている。
切っても良い作品ではあるのだが、1話が短いので、何となく見続けている。

~中二病でも恋がしたい! 戀~
中二病でも恋がしたい! 戀 1話中二病でも恋がしたい! 戀 2話
これも続き物として見ている感じ。
始る前に友人からは、原作がようやく混ざって来るとの話を聞いたが、いざ始ってみるとそうでも無いらしい。
今の所は、1期の後半と同じ様に、主人公たちの初々しいイチャラブを見て楽しむアニメだと思う。
それ以外の楽しみ方があれば教えてくれ。

~未確認で進行形~
未確認で進行形 3話 1未確認で進行形 3話 2
個人的に、今期で一番面白いと思っている作品。
作品の設定から、何だか面白そうな雰囲気を感じてチョイスしたのだが、
単純に小紅と白夜のラブコメが見ていて楽しく、それとは別に紅緒と真白のやり取りがギャグとして面白い。
小紅と白夜の昔話がストーリーの根本となるのだろうが、どう言う内容なのかが非常に気になる雰囲気である。
2つの面白さが1度に楽しめる、そんな面白さがあると思っている。
と言うか、最近は紅緒と真白を見ている方が楽しくなって来た気がする。
最初、小紅の声が不慣れな感があるなと感じてたが、段々と紅緒に喋らせられていると言う設定が活きている気がしてきた。

~GO!GO!575~
575 2話 1575 2話 2
俳句を題材にした作品とか、まずありえんだろうと思って録画したのだが、
正直、何がしたいのか良く解らないアニメだと思っている。
むしろ、ゲームのプロモーションアニメなのでは?と感じており、このまま切っても良いかな?と思っていれば、
何故か5話目から実写で声優陣のロケーション番組が始って、余計に切る気満々になってきた。
某N君が「抹茶」と言う名前を使用して、某お豆さんとペア組んで大会に参加する事を期待している。

~桜Trick~
桜Trick 1話 1桜Trick 1話 2
まんがタイムと言う事で、面白いのでは?と思ってチョイス。
最初の1~2話を見た限りでは、ギャグ系のアニメとして面白いと感じはしたのだが、
段々と百合推しが酷くなって来たので、百合に興味が無い自分としてはお腹一杯な感じ。
山百合会くらいで丁度良い気がする。
とりあえず、1話のモブの色の塗られなさが酷いなと感じたが、段々と塗られている気はしている。

~のうりん~
のうりん 1話 1のうりん 3話 1
のうりん 5話 1のうりん 5話 3
今期、未確認と同様に一番面白い作品だと思っている。
ただし、面白いのベクトルは違うが・・・
農業を題材にした作品だと思って見ようと思っていたら、
確かに農業はしていれど、その割合は2割程度で、それ以外はギャグばかりで、見ていてとても楽しい。
また、ギャグの内容が色々な漫画のパロディが多く、それらが見事にツボってしまう物ばかり。
とりあえず、ストーリー自体も一応はある様子だし、何でそうなったかが知りたい内容ではある。

のうりん 5話 2
本当、腹抱えて笑った♪

~ストレンジ・プラス~
ストレンジ・プラス 1話 1ストレンジ・プラス 1話 2
ストレンジ・プラス 1話 3ストレンジ・プラス 1話 4
コミックを読んでいるので見ている。
最初の1話はぶっ飛んでいるなと感じたが、段々と物足りない・・・と言うか、
美川べるのテイストをアニメで表現するのが難しいだけの様な気がしてきた。

~Wake Up, Girls~
Wake Up, Girls! 1話 1Wake Up, Girls! 1話 2
正直な話、自分が仙台出身と言う生い立ちでなければ気にもしなかった作品である。
とりあえず、1話目からいきなりどう言う作品なのかも解らないなと思えば、
何やら劇場版が0話の位置付けになり、そこでキャラの説明やら何やらがあるとかで、真面目に意味不明。
劇場版を見ていない自分としては、OPの数カットからどう言うキャラなのかを考えるしかなかった。
ぶっちゃけ、『TVアニメ』としてはどうなの?と言うのが、まず最初の感想である。
対抗しようとしている作品の様に、露骨にキャラクタを売りにしている訳ではない様子だし、
本編の内容も、リアルな路線で作ろうとしている感じはするのだが、
やはり本編を通して何がしたい作品なのかが、いまいち見えて来ないのが現状の感想。
作画が色々言われているが、確かにちょっと・・・と思う部分は多いと思う。
ただ、最初のライブの部分は、全員の動きが見事に不一致で、妙なリアル感があったとは思う。
妙な生々しさがある作品だと思うので、残りの回を見終えて、良かったと思える内容になって欲しい。

~世界征服~謀略のズヴィズダー~
世界征服~謀略のズヴィズダー 1話 1世界征服~謀略のズヴィズダー 1話 2
悪役サイドの話なのかと思い、公式サイトも見ずに気になっていた作品。
最初のカットを見た時、何かこれは面白そうな雰囲気があるぞ・・・と思えば、
世界征服~謀略のズヴィズダー 1話 3世界征服~謀略のズヴィズダー 2話 1
何故か思っても居ない路線が始りだし、真面目に・・・となった。
が、話やキャラクタの設定は面白いと感じているのと、各話限りの内容に、割と楽しんで見ている。
結果として、最初のカットの様な世界に行き着くまでの話、と言うのが作品の内容なのだろう。
あのカットは比喩としての表現なのだろうとは思っているが。

~ウィザード・バリスターズ~弁魔士セシル~
ウィザード・バリスターズ 1話 1ウィザード・バリスターズ 1話 3
梅津作品と言うだけで見る気になれる。
前クールで放映していたガリレイドンナよりかは、梅津らしい世界観の作品だと感じている。
ただ、ちょっとメカが出て来たのはゲンナリだったり・・・。
ドンパチの中に魔術的な物が出て来て、尚且つ現代社会に近い世界観と言うのはとても面白そうだと素直に感じたのだが、
段々と魔術的な世界観が触りなだけで、結局は普通の弁護士の話がなりかけている気がして、そこが少し残念な感じ。
もう少し50:50で混ざらない物かと思っている。

ウィザード・バリスターズ 1話 2
どうでも良いが、このキャラを初めて見た時、

オールスターズDX2 せつな
不思議とこのキャラのイメージが出て来た。


と言うところで、最初と最後が繋がりおしまい♪

ちなみに、pupaは1話自体の時間も短く、それでいて断片的過ぎる雰囲気で話が毎週続いて行くので切った。

今年もやってまいりました


チョコを貰う為の嫉妬イベント。
このキャラを見たのも喋っているのを聞いたのも2年ぶりです。
本当は、他2キャラの友達パートの話も気になるんですよね。


この人、怖いわ~。


まぁ、結局デレるんてすけどね。

もう、購入から2年程が経ちましたが、未だに続けている事に驚かれます。



ちなみに、リアルの私は今年も降雪日の後に料理教室に行って来たので、
そこで色々と受け渡しをしてくる何時もの流れでした。

アヘ顔マエストロ

irenka カガミビジュアルワークス
何時の間にか、カガミの画集の新しい物が出ていたなと思って注文したのだが、
以前の物の再販+αらしいとの事でガッカリ・・・。
とりあえず、まだ開けて無いので+αの内容がどういった物なのかは不明。

個人的には、Lilithの作品より、BISHOPの作品の絵の方がぶっ飛んでいるので好きである。

折角なので購入

川村敏江 プリキュアワークス
アニメ系の画集を購入するのは久しぶりな気がする。
最初、ジャケットの内容から5とスマイルだけなのかと思えば、
帯にも書いてある様にDXの絵もあり、意外と内容に満足してしまった。
こう言う画集を購入すると、大体は服装の折り方、皺や陰影の付け方を見て、
そこに絵描きの人の個性が出ているなと感じ楽しんでいたりします。

友人と始めたMHFG

本家をプレイしている友人には、
色々とフロンティアの面白さの部分を伝えて来たつもりだが、
未だに新規でフロンティアをプレイしてくれた友人は居ない。

そんな中、4の出来がイマイチと感じた一人の友人が興味を持ってくれて、
ようやく年明けからプレイを始める事になった。
最初は500円と言うお試しプライスなのも後押しになったかと。

個人的に、今の本家より良いと思う点は、

・dosベース
・Fオリジナルモンスターが多い
・亜種、変種、剛種、奇種、覇種、G級と同じモンスターでも色々居る
・武器や防具の数が非常に多い
・スキルが基本は10個付けられる
・コンテンツが豊富
・オンラインでもCPUが付いて来るので、4人PTが何時でも組める

と言う感じの事を伝えて来た。
問題なのは、良い事ばかりでは無く、悪い事もあり、

・装備の強化は7段階×α、鎧珠では無く素材、且つ異常な数を要求
・一式装備が基本は無意味なので、自分で組む必要がある
・適当プレイはあまり出来ない
・有料

と言う感じ。
こんな話を聞いていても興味を持ってプレイしてくれたのだから、
これは誘った身として、一緒にプレイしない訳にはいかないので、
友人がプレイしたい時には、一緒にプレイする事にした。

最初は、モンハンと言う事で一緒にプレイすれば楽しくなると思っていた。
が、実際に始めてみれば、クエストに行く為の装備作りをする事から始め、
とにかくテンプレ装備作成の為のプレイが始まる。
正直、これは考えもしなかった事である。
ゲーム開始時のデフォ装備のまま、同じ敵を延々と狩らされる時間が続き、
いきなりゲームの面白さを伝えられず、むしろつまらなさを伝えてる気がしてきた。
課金装備の1つでも購入すれば、ある程度の装備作成はすっ飛ばせるが、
ゲーム自体を勧め、いざ始めてもらったら、今度は装備を買えとはとても言えない。
装備作成中に、HRがどんどん上がって行ってしまうのもどうしようも無い。
装備が出来上がっていないのに、すぐにHR試験が来てしまうので、
結局、強引なドリブルをする始末。
ようやくHR100までのテンプレ的な装備が出来上がった頃には、
HRも100に近く、何の為の作成だったのだ?なんて思ってしまったり。

その後、HR100を超え、友人が使う双剣でしばらく戦える装備作りに入る。
少しずつ素材を集め、Fの敵に一緒に行ったりし、少しずつ覚えていってもらってる。
正直、レールを引いて、その上を走ってもらっているとしか言えない状況であり、
Fを楽しんでもらっているかは不明であり、そこが一番気になっている所。

双剣の装備を作る為に、色々とハメに必要なガンナー装備も一緒に作る。
HR100を超えてから作れる装備と言う事でアークテンプレを作成する。
途中、装飾品などで必要な素材を集めに行ったりもしたのだが、
面倒臭いと思える素材をしこたま持っていたりするのを考えると、
意外と自分は長くプレイしているって事なんだなと実感した。

そうして、友人のHRはガンナー装備が完成したところで250くらいになる。
双剣用の装備が出来上がる頃には、SRが取れる様になっている気がしてならない・・・。
まぁ、時期的には丁度良い気がしなくもないが。



そんなこんなで最近はフロンティアを遊んでいるのだが、
自分自身の方は、G級に上がってから全く進んでいなかったりする。
当面は、ヒュジキキの討伐を続けているが、敵が中々強くて困ってしまったり。
体力があって、全体防御力が高いので、正直言ってG級以前の武器では中々大変。
G級だと物理ではなく属性値が強さになると言う事も理解してきた。

そして、恥ずかしい事に渇愛を担ぐ事に・・・。
火属性2720万歳!!

何だか

色々と元気が無い。

週末も、何だかんだで予定があり、何も出来ていない。
次のページ

FC2Ad