R-T-A Diary

リアルタイムアタックな日記では無く、日々をアクセル全壊で空ぶかしをしている様な日記ですので、間違われた方はCTRL+Wで。。

参ったな・・・

先日の行脚イベントの報酬に出た渋谷凛だけど、
今更になってクール曲でのサポメンに使用出来る事に気付いた。

行脚イベント自体は、一応全国分はクリアして、
後はポイント報酬で結構な枚数は持っていたのだけど、
枚数持っていてもしょうがないと、結構な数をSSRの特技用の餌にしてしまい、


Screenshot_20161018-212518.png

今は残り枚数が女子寮に4枚なので、ユニットの手持ちを合わせて5枚しか無い状態である。
クールのSSRの枚数が11枚なので、クール特化の曲に関してはSRのサポートがまだ必要。
挙句、SSRの渋谷凛に合わせてポテンシャルを開放しているので、
SRのステータスも1枚に尽き+700となり、枚数分の掛け算が出来たと言う物である。
まぁ、今更悔やんでもしょうがないので、今後、枚数取れるイベントの時には、
サポートの事も忘れない様にしようと思った。

ゲームから資料に変わったデレステ

デレステのMVは、暇な時に何となく鑑賞する程度で、
音ゲーのオートプレイ的なオマケと言う扱いでしかなかった。
まぁ、好きなキャラの曲に関しては何度か見たりもしたし、
最近のMVは演出が凝っている物も多くなって来たので、
それを見る程度の事しかしていなかった。

なんて扱いだったMVだけど、
気になるキャラクタの表情と角度の組み合わせの参考資料になる事に、
今更ながら気付き、アップの表情がある曲なんかを流してみる事にした。

元のキャラクタと言う1枚の絵はある訳だけど、
そのキャラクタを見る角度や、元絵と違う表情と言うのは、
結局、自分の想像の中でしか無い訳である。
顔の角度を変えて、顔のパーツをそこに当て嵌める、
と言うのは、絵を描く上での基本ではあるけれど、
自分の想像がどれくらい正解に近い物なのか?と言う事で、
ゲーム中の3Dのキャラクタは、答え合わせに使用する事が出来ると思った。


2016-10-30 23-01-47-502016-10-30 23-05-52-19
2016-10-30 23-07-13-202016-10-30 23-07-31-95
2016-10-30 23-07-39-572016-10-30 23-28-50-37
2016-10-30 23-29-09-032016-10-30 23-32-09-77
2016-10-30 23-32-31-622016-10-30 23-32-41-44
2016-10-30 23-38-00-452016-10-30 23-38-07-23
2016-10-30 23-38-47-422016-10-30 23-39-02-63


流石に自由な角度を設定する事は出来ないし、
用意されている以外の表情をする事は出来ないが、
ゲーム中の立ち位置や曲を変えるだけで、色々と見る事が出来たし、
この表情がこの角度だとこう見える、この曲にしか無い表情が見える、なんてのも、
上記の様にたった3曲と言う少ない情報量からでも解る事が出来る。

今までは音ゲーとして遊びつつ、このキャラ可愛いよね♪と言ってるだけだったが、
何だかそんな単純な作品では無く、もっと色々触れられる部分がある気がして来た。
今後は、MVなんかも気に掛けながら遊んで行く事にしよう。



2016-10-30 23-12-54-43

表情のせいで、煽り画像の素材にしかならない気がする・・・。

戦いは終わった・・・そして、、、

Screenshot_2016-10-28-12-05-50.pngScreenshot_2016-10-28-12-05-44.png
Screenshot_2016-10-28-12-05-57.pngScreenshot_2016-10-28-12-06-01.png

スタミナ管理はサボったつもりは無く、何時も通りにプレイをしたはずだったが、
プレイ用のアイテムの貯まりは悪く、結果的にプレイ回数は非常に少なかった。
なので、順位も何時も通りと言う感じ。
2枚取り出来れば良い感じの頑張り具合で丁度良いなと最近は思っているので、
サマカニの時の様な頑張りは、もうしたくないなと思っている。
と言うか、あの時、2000位以内に入れたのは、ポケモンGoのお陰だったんだなと、
あの時以降のイベント結果を見ると、そう理解せざるを得ない。

さて、今回のイベント曲のJet to the Futureだけど、
寺なんかで言う皿曲と言って良いほど、全ての曲の中で最もフリック重視の曲だった。
今までフリック曲と言われてたのは、Nation Blueの道玄坂や、つぼみのねっとりだったが、
今回は、純粋に曲に合わせての左右のフリックが非常に多く、所謂ギターのピッキング感覚。
その為、フリックがここまで多い曲でも、面白い曲と言う感想が多く見られたかと思う。



こちらのプレイ動画が譜面が解り易いかと。

曲の何度はMaster+で29なので、フルコンは行けると思っていたが、
回数として50回くらいプレイすれど、見事にフルコンは1回も出来なかった。
出来なかった理由も、言い訳にしか聞こえないと思われても良いけど、
とにかくフリックが抜ける事が多く、真面目に端末依存曲であると言わせて欲しい。
その他にも自分の端末で起きている事で解った事があった。

Screenshot_2016-10-28-22-45-13.png

ゲームのプレイ画面はこんな感じで、端末の下側が右に来る様に設定している。
で、先のプレイ動画を見ていただくと解る様に、4~5のフリックが非常に多い譜面であり、
フリックの抜けが怖い為、出来るだけ大きくフリックは取る様にしているのだが、
時々、上記画像の様に大きく取り過ぎてホームボタンのメニューが出てしまう事がある。
まぁ、出てしまっても、戻るボタンが反応しない様にしている為、特に影響は無いと思ってたが、

Screenshot_2016-10-28-22-45-13_1.png

赤い範囲はシステム側のメニュー領域になるのだけど、
メニューが表示されている際、この領域にフリックで入ってしまった場合、
そのまま折り返してゲーム画面の方に戻ると、フリックの反応は死ぬ事が解った。

Screenshot_2016-10-28-22-45-13_2.png

つまり、こう言うフリックは死ぬって事である。
こうならない為には、4~5へのフリックでメニューを表示させない様にする必要があったが、
あのフリックの多さと抜け防止を考えると、どうしても大きくなる事がある。
まぁ、そもそもにして、抜ける事自体が問題な気がしますけどね・・・。

なんて感じで何度もトライして、結局フルコンは出来ず、ちょいと悲しい気分になったが、
何だか真面目に攻略している気がして、少しは楽しかった。





と言う感じで終わったイベントだが、
イベント終了の翌日から限定ガシャの復刻が始まる事が予想されていたけど、


Screenshot_2016-10-28-15-15-14.png

予想通りに始まってしまった。
ぶっちゃけて言うと、この2キャラ、性能としては不要なのである。
アナスタシアに関しては、

[クリスタルスノー]アナスタシア
[オーバー・マイセルフ]渋谷凛

特化スキルが高い渋谷凛が上位互換で居る始末。
特技の発動期待時間は高いが、コンボボーナスが15%と18%の違いがあり、
この3%差は、発動時間で覆る物では無かったりする。
日野茜に関しては、

[バーニングプレゼント]日野茜

ステータスは万能型な上、特技がライフ回復なので、協力ライブでしか機能しない。
それなら何で期待していたか。

そんな事は簡単である。










日野茜と言うキャラが可愛いだけである。

現状、安部菜々、宮本フレデリカと並んで3神扱いして良いと思っている。
そんなキャラのSSRが、自分がプレイを始めた頃には終了しており、
それが復刻すると言うのだから頑張ってみようと思うのは、至極当然だろう。
まぁ、勝手に当然にするなよ、って話もあるかもしれませんが、

Screenshot_2016-10-28-15-15-27.png

9300と言う石がある状態から始める事にする。
ここで先日、誕生日プレゼントに貰ったGoogle Playカードを召喚!!
プレイヤーでちのガシャ石の上限値を上げる効果発動!!
なんて感じでコードを登録すると、まさかの上限額の金額がチャージされた。
・・・こればかりは、こんな事に使おうとしてしまい、凄く申し訳ない気分になったが、
それと同じくらい連れに感謝せざるるを得なかった。さんきゅ~♪
これだけありゃ行けるだろう!!と、ボンバーマンを始める事となった。










Screenshot_2016-10-28-15-28-18.pngScreenshot_2016-10-28-15-28-43.png
Screenshot_2016-10-28-15-29-04.pngScreenshot_2016-10-28-15-30-12.png
Screenshot_2016-10-28-15-30-40.pngScreenshot_2016-10-28-15-31-11.png
Screenshot_2016-10-28-15-31-37.pngScreenshot_2016-10-28-15-32-45.png
Screenshot_2016-10-28-15-33-15.pngScreenshot_2016-10-28-15-33-39.png
Screenshot_2016-10-28-15-34-34.pngScreenshot_2016-10-28-15-35-25.png
Screenshot_2016-10-28-15-36-27.pngScreenshot_2016-10-28-15-36-47.png
Screenshot_2016-10-28-15-37-07.pngScreenshot_2016-10-28-15-37-40.png
Screenshot_2016-10-28-15-38-03.pngScreenshot_2016-10-28-15-40-40.png
Screenshot_2016-10-28-15-41-00.pngScreenshot_2016-10-28-15-41-27.png
Screenshot_2016-10-28-20-40-07.pngScreenshot_2016-10-28-20-40-47.png
Screenshot_2016-10-28-20-41-38.pngScreenshot_2016-10-28-20-41-58.png



結果から先に言えば、とんでもない爆死であった。
3万円分の課金だと綺麗に回せるので、自分で1万円分の追加課金もしたが、
まぁ、とにかく真っ白い封筒が飛んでくるったらありゃしない。
恐らく、これがガシャの本来の光景なんだろうなと、恐怖の片鱗を味わった気がする。

こうやってガシャの結果を並べて、気付いた人は気付いているだろうけど、



Screenshot_2016-10-28-15-34-50.png

刺繍入りが来たのは一度だけで、










Screenshot_2016-10-28-15-35-01.png

『お前じゃ・・・』














Screenshot_2016-10-28-15-35-10.png

『無いっっっ!!!!!!!』


と、本当に叫んでしまったからね・・・。

240連でSSRは1枚、SRは41枚、Rは数えたくない・・・。
10連でSRは1枚は確実なので、残りの216枚中でSRが17枚って相当少ないと思うよ。
まぁ、それ以上にSSRが1枚だったって事だよね。
これで日野茜を引いていたのなら、それはそれで結果オーライだったけどね。
残念ながら顔面から生気が失せたよ、本当。

後は、31日までの納税分は残しているので、残り3回に期待したいところだが、
星輝子の時の様に都合よく出てくれるとは到底思っていない。
最終日に悩みそうだが、割と真面目に今月のカードの使用額が半端無いので、
これ以上は流石にキツいと言うのが本音。
来月に臨時収入があるから何とか課金は出来ているけど、一旦落ち着いたほうが良いだろう。





だけど欲しいんだよ!!!!

CWlrqTiVEAAyPlR.jpg

疲れた自分の心を笑いで癒してくれる漫画だったけど、
今日ばかりは本当にこんな事になっているんじゃ?と考えてしまった。

気が付けば

Screenshot_2016-10-27-00-07-42.png

SSRで1ページが埋まっていた。
輿水幸子の恒常が後1キャラ居るので、現状は25キャラとなる。
記念すべき最初のSSRの安部菜々が隅っこと言うのが悲しくなるが、
恐らく新しい順に並んでいるので、古いキャラはしょうがないのだろう。
他、パッション~クール~キュートの順番なのも理由は解らない・・・。

1月1日から始めたので、
約10ヵ月の間に無償と課金を合わせてこのキャラ数はどうなのかとは思うが、
今のところ、スコアを出すには十分なユニットが組めている。
まぁ、まだまだな部分もあり、高望みな所もありますが、
それは今後のキャラの追加や、フェスが来た時に考えるとしよう。



ちなみに、現状までの課金額は143,760円でした。
ひゅ~♪

お買い物♪

Go! プリンセスプリキュア設定資料集 決定版 01
:Go! プリンセスプリキュア設定資料集 決定版:

今月の頭に発売が予定されていたのに、その発売日はプリキュアストアのみで、
一般の販売店では月末に変わったのは、発売予定日直前と言うとんでも商品。
正直、東京駅まで買いに行こうかと思ったが、他に購入予定の物も特に無かったので、
今回はまぁいいかな、と月末まで待つ事にした。

と言う感じで待つ事数週間、ようやく届いたのだが、
まさか梱包用の化粧箱に入っているとは思わなかった。
正直、このまま開封しないで取って置こうかどうか真面目に考えたりもしたが、



Go! プリンセスプリキュア設定資料集 決定版 02

我慢出来ずに開封してしまった。
結構な分厚さを誇るこの設定資料集、


Go! プリンセスプリキュア設定資料集 決定版 03

比較対象はスマホではあるが、軽くジャンプクラスの厚みがある。
厚みがあると言う事は、それくらいキャラごとに細かく設定画が大量に紹介されており、
1ページ1ページを捲るのが凄く楽しかった。
それと同時に、やっぱり自分はこの作品が凄く好きだったんだなと再認識した。
ちょっと設定資料集にしてはお高い値段ではあるが、
商品の作りも立派だし、内容も充実しているので、ファングッズとしては適正価格かと思いたい。


この資料集を見ていて、プリンセスプリキュアの楽しい思い出に浸っていたが、
今放映している魔法つかいを、相変わらず録画するだけして全く見ていない事も思い出す。
今週末には劇場版が公開されると言うのに、このままでは観に行く事すら出来ない。
流石に放映が終了するまでには録画した分は消化するとは思うけど、
来年から新しい作品が放映された際、今年と同じになりそうな雰囲気があってしょうがない。
それくらい、プリンセスプリキュアでプリキュア熱が燃え尽きた感がある気がする。
正直、5GoGoからフレッシュの時以上に今のこの状況は酷い。

お買い物♪

Love∞Destiny
:THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS STARLIGHT MASTER 06 - Love∞Destiny:

このタイトルも久し振りに使う。
本当は色々買い物をしているのだが、それを書き纏める時間が無いのが現状。

Tulipから月1で非常に出るペースが早かった為、
9月にリリースされなかった時は、少し心配したのだが、
純情から1ヶ月空けてのリリースとなり安心した。

この曲も世間的には凄く良曲扱いされているが、
Tulip同様、個人的にはそんなに好きではなかったりする。
と言うか、単純に明るい感じやテンポが良い感じの曲が好きなので、
どちらの曲も傾向が全然違う為、好きになれないのも当然である。
「嫌い」では無いのが救いだろう。
現状、デレマスの曲で好きになれない曲は4曲くらいあり、
内2曲に関しては、Walkmanから消している。


とりあえず、この曲が出たと言う事は、
次はサマカニなので、そちらの方が楽しみでしょうがない。
11月にはモバの方の総選挙CDが出る為、同じ月に出るかどうか心配ではあるが、
サマカニ、BEYOND THE STARLIGHT、ラブレターと控えており、
1月は既にビューイングのYes! Party Time!!が予定されているとして、
本当、どう言うスパンで出して行くのだろうと期待と不安が入り交ざっている。

デレマスのCDを貸してくれた友人も、
キャラソンじゃないのに、CDの出るペースが早くて異常に感じると言っていたが、
恐らく、このリリース速度に対して、不満に感じる人は居ないだろう。
キャラソン側のCINDERELLA MASTERは、全部友人から借りており、
自分もそろそろCDを買い漁るか?と真面目に思う様になったが、
近々、ハイレゾ音源での配信が始まると言うので、直ぐにCDに手が出せない状況。
『アイマス』のハイレゾ音源としか記載が無かった為、
どのサイドの曲が出るのかが、高度な情報戦みたいになってて嫌である・・・。

靴下

ジョギング用の靴下を新調した。
帰りに会社近くのスポーツショップに出向き、
とりあえず多々ある靴下のサンプルを片っ端から触ってみた。

今までは薄手の物を履いていたのだけど、
ちょっとクッション性に優れていないのと、
気温的に寒くなったので、少し厚手の物をチョイス。


:ザムスト - HA-1ショート:

で、購入したのは上記の商品。
物の作りから、靴下自体の伸びは悪いのだけど、
逆にそれが脚をしっかり覆う様な感じで良い。
足底からの足首への構造も、非常によく出来ている。
何より、踵からの足底の緩衝材のお陰で、
走っている最中の足底の負担の軽減が凄く実感できた。
何時もの距離を走り終えて、足底の負担率は凄く軽減されたが、
足底の感覚が軽い訳なので、ペースを飛ばしてしまったのか、
脹脛が良い感じにビキビキ言ってて困ったり・・・。


とりあえず、普段使いでも良いと思える商品ではあるが、
ネックなのは商品の値段だろう。
1足の値段で、靴下が7~8足は買えるだろうし・・・。

10月23日

生まれてから何回目かの誕生日を迎えた。
昨日、昼食にピザ、晩飯にパスタを食ったのだが、
連れが準備をしてくれて、連日イタ飯を食う事になる。
珍しく物をプレゼントに貰ったのだが、


「今の君に最も必要されている物を包んだよ」


と言うから、ほっほぉ~と期待した。

ご丁寧な紙包みを開けてみたら、
真っ赤なGooglePlayバリアブルカードが包まれていた。


『コレハナンデスカ?』


片言の日本語が口から発せられたのは覚えているが、
状況が全然理解出来ず、思考回路はショート寸前だった。
その様子を見て、連れは笑いを堪える事が出来ず、楽しそうにしていた。


何かがおかしい、、、


でもまぁ、くれた物は素直にありがとうと言うべきなのだが、
何だか不思議な感覚である。
図書券貰った感じか?


Screenshot_2016-10-23-22-11-42.png

今のガシャが10月28日までなので、
その後の28日から限定復刻が来るのはほぼ確実であり、

CVCe3iKVEAARSyrpng_orig.png

↑これであろう事なのは間違いないはず。

スターライトステージ ぷちデレラ 日野茜

つまり、頑張れってこった。

前回の復刻が2日間しかなかったので、
間が3日あるとタイプセレクトの可能性も考えられるが、
つい先週にやっているので、違うとは思う。

問題は、タイプセレクトにしろ復刻にしろ、終わった瞬間、月末限定が連続で来る事で、
次はクールとパッションの組み合わせだろうけど、それで悲鳴を上げる可能性がある。
クール側には回したくなるキャラは殆ど居ないし、パッション側も多少不安がある程度。
でも、何があるか解らないので、その時に貰ったカードを使う事にしよう。
ちなみに、幾ら分なのかは教えて貰わなかった。
これで1,500円分とかだったら笑えるぞ・・・?



とりあえず、1月半後のお返しは決まった様なもんである。
目には目を、で行くしかない!!

100MBのパッチ

一人用の楽しさが微塵も増えていないパッチだったなと。
対戦を楽しんでいる人達には面白くなったのかもしれないが、
自分は何も面白くなっていない。

キャラの調整とかは、
正直、コンボがつまらなくならなければどうでも良かったので、
それよりも入力判定の修正と言う方に期待していたが、
暴発し易かったコマンドを暴発し難くしたのと、
技が出難かったのを出易くした、と言う物だった。
こうやって文字に興すと、ただの矛盾に見えるな。

元々、A連で簡易コンボが出来ると言うシステムから、
嫌な予感自体はあったのだけど、
結果、初心者救済に力を入れている傾向がある。
その為か、難しい技術が必要な事にまるで力が入っていない。
と言うか、手を触れていない様に感じてしまう。
今のSNKの開発って上手い人居ないの?
今すぐ02起動して、最速ナロウを1000回やって来い、って気分。

キーディスプレイは相変わらず信用出来ないので、
何が悪いのかの原因を探る事も難しい。

プレイする度にストレスが溜まって行く。
少し休憩。

割と真面目に

時間が欲しい。
毎日が暇の様で、自分の時間が取れない日々が続いている。

休日認定されていない平日を休んで、1日中寝たい。
それを1週間くらいしたい。

それくらい、心が病んでいる気がしてならない。

読書感想文が書けない理由

自分が用意した物に対し、その感想を自分の言葉で述べる事は出来る。
それは、自分で用意した答えがあるから。

それに対し、他人が用意した物に対し、同じ様に感想を自分の言葉で述べる事は出来ない。
それは、他人が用意した答えがあるから。
自分の言葉をいくら用意しても、それが正解かどうかは、用意した他人しか解らない。

結局、正解にならない事が嫌なのである。
「かもしれない」と言うifを延々と言い続ける自分は時折居るが、
それは自分にとっては、酷く間抜けに見える。

開示された他人が用意した答えにifするのは良いと思う。
でも、答えがまるで解らない事に対しての仮定にifはしたくない。

答えなんか必要なの?

勿論、必要です。

1+1=2です。
10+10=20です。

1+1=3ではないです。



なんて事を、常々考えているので、本当は感想文なんか書きたくないんですよね。
なので、自分から触れて言って、自分が感じた事だけを書く、に留めています。

ちなみに、件名にも書いているけど、感想文の話ね。

戦いは終わった

Screenshot_20161018-205721.png

前のイベントの時は何も書かなかったので、久し振りにこのタイトルを使用した。
この後1プレイをしてイベントは終了したが、3万ptまで頑張れば良かったかな?と思ったり。

Screenshot_20161018-205743.pngScreenshot_20161018-210007.png

ラストはオルゴールの小箱で、今回も何だかED曲みたいな選別で終わった。
相変わらずと言う感じで、強SRのドロップ率が割る言ったらありゃしない。

Screenshot_20161018-212518.pngScreenshot_20161018-212503.png
Screenshot_20161018-222127.pngScreenshot_20161018-212555.png

水野翠は女子寮に避難させた物で16枚、手持ちで1枚、ptのプレゼント箱に1枚で、合計18枚。
それに対し佐藤心は女子寮に1枚非難できた・・・と言う感じで、
手持ちとプレゼント箱に1枚ずつなので、合計3枚である。

最初の協力プレイの頃からドロップ率は悪いままだけど、
こうも出ないと中々悲しくなってくるよね・・・。
Rの佐藤心がやたらと出たのだが、何だか嫌がらせにしか思えなかった。

今回のイベントは、何だか以前よりも27~28の高難易度が来る頻度が少なかった。
TOKIMEKI、TP、トワレ、M@GICが1回ずつ、茸は2回だけである。
27も絶対特権が何回か来たけど、それ以外は1回ずつくらいで、
密室事件、花簪、民謡1に関しては来もしなかった。
一番困ったのは、トワレでプチフリーズからの音ズレの訪れが起きた時、本当に危なかった。
ゲームがAndroid 6.0に早く対応して欲しいところ・・・。

協力で死なない様に毎日トレチケでトワレと茸の練習は欠かさなかった。
個人的には茸>トワレって感じなのだけど、世間的にはトワレ>茸なんだよね。
多分、自分が茸の譜面の裁き方を理解していないからそう感じるのだろうけど、
何度叩いても、マッシュアップの後の配置がクソであり、最後のトリルも微妙に遅く、
Badハマリした時とか、本当に涙が出る・・・。


明後日からまたイベントが始まるので休めないのが大変。
他、週末からのガシャがCuteなのだろうけど、

スターライトステージ ぷちデレラ 藤本里奈

そろそろ来そうな気がするんだよね・・・。


とりあえず、Android OSの6.0が使い物にならないから、5.0に戻す事から始めよう。
他の人のキャラデータが自分のローカルに無い場合、曲の始めにダウンロードする仕様のお陰で、
OSを初期化してゲームデータを失うとイベントが円滑に出来なくなるのが嫌だった為、
泣く泣く6.0で我慢してプレイしていたが、これでようやく端末をいじれるので嬉しい♪

PlayStation VR

タイ米叩いて購入したが、早々にサポートに発送となる。
胡椒と言う訳では無いのだが、レンズに白い斑点があるのと、
映されている映像にドット抜けの様な発光点が見られる事。

斑点に関してはクリーニングクロスで軽く拭いても取れる気配は無く、
発光点に関しても、綺麗に追従してくるので、物凄く気になる。

とりあえず、これらの調査を依頼する為にサポートに連絡を取る。
出先で電話をしたので、本体の型番とかシリアルなんか当然の様に解らず。
サポートの受付も10~18時とかなので、出社前、帰宅後の対応は不可能。
そうしたら「オンラインでも受け付けられますので」と言われた為、
帰宅後にサポートのページからオンラインの修理(?)依頼を探せど、

オンライン修理受付サービス

何故かこの文字列にだけリンクが設定されていない。
色々回って探してみたが、何だか10月20日から受け付けるとか書いてあり、
サポートは何でオンラインでも受け付けられる、なんて言ったんだ?と疑問。
しょうがないので、PS4関連商品として申し込みだけはする。

何故かSCEJからのメールは、全て迷惑メールに分類されてしまってた。
Outlookの分別判断基準って何なんだろう?

造形物

アルターは信用出来る。

マックスファクトリーも大体は信用出来る。

ファットは少し不安になる事が多く、
体勢のせいで平面が出来る事が難点。

武器屋はアタリとハズレが激しい。

フリーイングとWAVEは絶対買わない。


これが私の造形物メーカーの印象。
そして欲しいキャラが、WAVEから出やすいのが泣ける・・・。

デレマスのライブ

昨日と今日にSSAで行われたライブ。
当初は友人と一緒に行く予定だったが、その友人が出張となり行けなくなった為、
自分も乗り気じゃなくなった、と言うのは過去に書いたはず。

最初は自分の気持ちが変わるかもと思って料金は払ってしまったのだが、
その後にライブ映像を見て酷く後悔をし、別の友人に譲る事となった。
その友人も、昨日と今日のライブを見て楽しんだ様子で、譲って良かったなと思った。

実際、自分が行ってもゲロ吐きそうな気分になる事は間違いなさそうだし、
それはVRゲームの仮想空間でも感じた事である。
真面目にライブ会場の空間ってのは、自分にはしんどい事が解ったが、
少し、ゲームの仮想空間で慣らしてみるのもアリかな?なんて思った。
もし、来年にライブが行われる様であれば、それまでに何とか耐性を作り、
今度こそ友人と行ければと思ったりもした。
それまで、この作品に興味を持ち続けていれば良いのだが、まぁ、大丈夫だろうと思う。

そんな出張中の友人から、ふと夜に連絡が来たが、



LINE_Friend.jpg

何処から情報を入れたのかは解らないが、第一声が酷すぎた。
とりあえず知っているだけの情報は伝えておいたが、
テンションの浮き沈みが酷かったので、
帰って来たら色々と楽しんでくれと会話を終了する。


ふと気になったが、時差を日本時間に補正してくれた事に驚きである。
次のページ

FC2Ad