R-T-A Diary

リアルタイムアタックな日記では無く、日々をアクセル全壊で空ぶかしをしている様な日記ですので、間違われた方はCTRL+Wで。。

ガラスフィルムを貼って1日使用してみて

SO-02G_GlassFilm.jpg

今までの保護シートは、所謂グレア液晶みたいな感じになっており、
それがガラスフィルムになって透過率が増したので、凄く液晶が綺麗に見える。
発色も凄く良く、見ている分には色が綺麗になったと勘違いしてしまう勢い。

表面の滑り具合は、そこまで指が引っ掛かる事も無く、
普通にスマホとして使う分には問題ないし、逆に良いと感じるかもしれない。
ただ、指がサラサラ滑る、と言う謳い文句の商品を購入したつもりだったが、
これはサラサラと言うより、ツルツルと言うのが正解な気がしてならない。
言ってしまえば、保護シート無しの液晶画面をそのまま触っている様な物である。

サラサラなのは、結局は表面が細かく凹凸していて、
殆ど引っ掛からない様な感じで指が滑っていると言う物なので、
凄く操作し易い感じの作りになっているのに対して、
ガラスは凹凸も無く引っ掛かりが無いので、滑るのは当たり前。

本題となるデレステのプレイに関しても、
ガラスフィルムにしてフリックが取り易くなったと言う感じは無い。
それよりも、表面がツルツルしているお陰で、フリックでは無く、
ロングノーツを押しっ放しにしている最中に指がズレて来る事があり、
それで時々、ロングノーツの判定が外れる事があって困っている。

他、今までの保護シートの方が譜面を叩いた時、
柔らかいシートだった為、反発力で指のクッションがあったの対し、
ガラスフィルムにした事で堅い面を叩く事となり、指が痛くなったり、
指に掛かる反動が今までと違う為、密度が濃い譜面の処理が大変になった。

結論として、画面は綺麗になったけど、プレイに支障が出て悪化する。



まぁ、無反応が起きていた場所も、
起こり難くはなったが、結局は起きているので、端末変えを真面目に考えよう。

FC2Ad