R-T-A Diary

リアルタイムアタックな日記では無く、日々をアクセル全壊で空ぶかしをしている様な日記ですので、間違われた方はCTRL+Wで。。

○=暑い ○=熱い

頼まれ事があったので連れの家に行く。

要件は仕事に使う型が熱変形したとかで直して欲しいと言われる。
マネキンみたいな物ならドライヤーでの整形で楽だったのだが、
少し柔らかい材質の物だった為、お湯による整形の必要があった。
が、フィギュアとかの変形は、それこそ洗面台やバケツで出来るが、
1/1の人間のスケールなので、流石にどうすれば良いか解らない。

結局、風呂場を借りる事にしたのだが、
窓が無い換気扇型の浴室内は正直厳しかった。
ドアを開ければ蒸気が部屋に洩れるので流石にヤバいので、
涙を流しながら、最高温度の60℃のお湯を流し続ける事に・・・。

ほぼ密室と言って良い室内を、60℃のお湯が発する湿度は凄まじく、
ゴム手をしていても、扇形を整える為にお湯を流しながら整形する手は、
マクドのバイトで焼きたてのパティを摘まんでた頃を思い出す。
暑いと熱いが同時に起きているので、軽い地獄である。

1時間くらいの作業で、何とか整形する事は出来て、
終わった頃には、風呂上がりと同じくらい全身が汗でずぶ濡れだった。
軽いサウナで大工作業をしてたようなものである。

流石に、もうやりたくない・・・。
そう告げて今後は道具を買い換えることにしてくれと頼み込む。



この文章を打っている右手は、軽く感覚が無いのだが大丈夫か?

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad