R-T-A Diary

リアルタイムアタックな日記では無く、日々をアクセル全壊で空ぶかしをしている様な日記ですので、間違われた方はCTRL+Wで。。

セーラームーンCrystal

気が付いたら始まってた。

内容は原作主体になっている様子なので、旧アニメ版とは違い、新しい作品の様に見れた。
ただ、内容が古すぎて、今の時代に沿った感じではなく、原作や旧アニメを見てた人向けに思える。
あの内容だと、ちょっと小さい子供にもウケる様には思えないし、何よりTV放送では無いのがアウト。
とりあえず、懐かしいと言う気持ちが強かった。

変身シーンがちょっとCG感丸出しなので、プリキュアみたいな雰囲気でも良いのでは?と言うのが不満。
一番感動したのは、画面のサイズが昔に比べて大きくなっているので、
等身が高いキャラクターが大きく動いても、身体の大体の部分が映されるので構図的に良い。
セーラームーン Crystal
決め台詞の時とか、新旧どちらもほぼ同じ動きのはずなのに、
旧アニメだと画面の左右が足りないので、腕の動きが肘から先があまり映っておらず、
全体的にこじんまりしている感じなのに対し、、
新しい方は、大きく腕を動かしている部分も画面に映っているので、全体的に格好良く感じる。

三石の声は、ちょっと婆臭い感じはするが、うさぎのイメージは壊れてない感じで良い。
「月野うさぎ=三石」」と言うキャラクタイメージが出来上がってしまっている気がするので、
他の声に変えるとキャラクタが死ぬ様に思える。
変身シーンの掛け声や決め台詞は、昔みたいなキンキン声にはなっていなかったので、
どちらかと言えば聞きやすくなった感じで逆に良いかなと思った。

他のキャストが変わったので、それは来週以降のお楽しみだろう。
マーキュリー派だった自分だけど、マーズに佐藤利奈とか言う配役なので困ってしまう。
衛の声は、古谷が完成され過ぎてたので、正直言って違和感がある。

作品を見ている最中、所々聞いた雰囲気のある音楽だなと思い、
変身シーンでほぼ確信したが、やはり高梨康治だった。
このままセーラーメタルな音楽が生まれるのだろうか。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad