R-T-A Diary

リアルタイムアタックな日記では無く、日々をアクセル全壊で空ぶかしをしている様な日記ですので、間違われた方はCTRL+Wで。。

HW-01E

昨日に代替機で借りて来たこの機種
今朝方、出勤中の電車でポチポチとWebを閲覧していたら、
本体背面が物凄く熱くなり、真面目にこの熱量はヤバいだろうと感じた。
Youtubeやストリーミングを見ていたとかなら解らなくも無いが、
一般的なWebサイトなので、普通の通信でも相当な発熱が起きるのかと思い、
最初のF-10D以来の端末の温度調査をしてみる。

内容としては、本体を綺麗に初期化し、何も設定しない状態にする。
それからLTE回転でドコモの基本アプリを落とす通信をやってみる事にした。





HW-01E 通信時の端末表面温度

その結果がこれだよ!!
馬鹿かよ!!って真面目に思った。
右のバーは、大体この色の範囲は、バーに書かれている数字の温度になっていると言う事だが、
上限の色は白で、48℃と言う数字が書かれているのに、端末の右上の方は白くなっている。
ちなみに、色の上限値を48℃に設定しているだけで、48℃以上でも同じ色で表現される。
つまり、通信中の端末背面の右上付近は48℃、若しくはそれ以上の温度になる事がある。

44℃を6時間触れると低温火傷すると言われ、
それ以上は温度は1℃上がる度に低温火傷になる時間が短くなってくる。
常に端末は48℃と言う事は無いだろうし、48℃をどれくらい触ると低温火傷するのかも解らない。
この端末だけが、もしかしたら熱いだけなのかもしれない。

が、この温度はF-10Dよりも熱いんですけどね・・・。
結局、こんなの熱くて使ってられないよと、別の代替機と交換。
xi端末が無いとの事でFOMAの端末を出されるが、熱い(動きが重い)より、遅いを選ぶ。



3Gのみで色々やってみたが、LTEってのがいかに速いかを理解した。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad