R-T-A Diary

リアルタイムアタックな日記では無く、日々をアクセル全壊で空ぶかしをしている様な日記ですので、間違われた方はCTRL+Wで。。

尼のレビュー

時々、心底気持ち悪いレビューを書いている人を見掛けますが、
探している商品の関連商品の評価がどんな物かな?と参考にしていたら、
久しぶりに、いい歳して気持ち悪いレビューを書いている人を見つける。

他の作品名のフィルタを使って例えるが、内容としては、

『KOF98をやりこんだ10人のユーザーの対談本』

みたいな感じの本(勿論、そんな本は無い)。
その商品に対するレビューにて、

・数あるKOFの中で、何故98と言う作品だけに拘って本を出したのか?
・本を出すなら全作品の本を出せ
・オロチ編、ネスツ編に分けて出すとかにしろ
・98だけ特別扱いするのはおかしい
・この本は98ユーザー以外、興味を持たない本
・KOF作品は多々有るのに、選別基準、バランスがおかしいので評価は☆1

みたいな事が書かれており、これらの文章を見てブルっと来た。
商品名に「KOF98をやりこんだ・・・」みたいな事が書かれているのだから、
どう考えても98ユーザーを対象にしているだろうにを受け取れるはずなのに、
何故、他作品のユーザーに対して98の事を語る商品に仕立てなければならないのか。

レビューしているユーザーが他の商品にしている評価を少し見てみると、
どうも当人は97が好きみたいで、97のムックや関連書物には☆5ばかり。
どれもこれも感想文の様な内容ばかりで、商品自体ののレビューが殆ど見受けられない。
終いには収録内容を書いて、それに対するコメント、ネタバレまで書き始めている始末。
完全にチラ裏状態。

そんな内容を見ていると、
「好き」「嫌い」と言う言葉を商品のレビューに使ってはいけないんだな、と感じた。
あくまで、「良い」「悪い」だけで評価をする事で、商品自体の正しい評価になるんだと思った。
今後、自分でも気をつけてみようと思う。

最初に書いた「いい歳して」と言うのは、
「94が出た当時、を会社帰りにプレイしていた」
みたいな事を自分で言っており、単純に考えても40過ぎたオッサンだろうによ。


「ゲーム」のフィルタを掛けて話を濁しているが、
実際にはアニメグッズ的な話なので、尚更気持ち悪い。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad