R-T-A Diary

リアルタイムアタックな日記では無く、日々をアクセル全壊で空ぶかしをしている様な日記ですので、間違われた方はCTRL+Wで。。

真面目な堅物

そんな自分の性格を、友人の結婚式で改めて感じる。

本当は新郎である友人の祝福を、ただただ祝うだけの事をすれば良いだけなのだが、
それを単純に出来ないと言う所が、自分の面倒くさいところだろう。


自分は一緒に参加する友人と新郎側の受付をお願いされた。
友人は受付は初めてとの事と、新婦側の方達も初めてと言う事だったが、
何度かやった事がある自分でも、完璧に出来ると言う訳では無いし、
自分達はその道の職では無い為、ある程度、普通の事が出来れば良いだろう。
そう思っていた。

式に参加した方に対し、全員が全員と言う訳では無いのですが、
正直な話を言うと、あまり良い印象を感じなかった事が多い。

まず言ってしまえば、挨拶が無い方が多い。
どちら様ですか?と言う事が多く、それは新婦側の方を見ていても感じ、
こちらからお名前を伺う事や、やり取りが終わってから、今の方が誰だったか、
と言う事を確認していた感じに近い。
それと同時に、招待状を読んでいないのだなと思った。

私達は親族側の関係者として立っている身ですので、
顔見知りだとしても、挨拶、対応はしていただきたいと感じる事もしばしば。
これは申し訳ないが、新婦側を見ていて思う事が多かった。
祝う席なのだから、楽しい雰囲気が出て来てしまうと言うのは解るが、
同窓会なんかの受付と勘違いしているのか?と言う気分でしょうがない。

結婚式と言う行事に頻繁に参加する事がある訳では無いと思うし、
礼儀云々が解らない事もあれど、今の世の中、調べれば数秒で解決出来る。
例えそれがマニュアル的な内容だったとしても、マイナスになる事は無いと思う。

礼儀正しく、自分も受付の仕事が出来たか?と聞かれれば、それはノーであるし、
自分の考え方が正しいかと聞かれても、それもノーである。
人によっては堅苦しい人間だと思うし、それを望まれない事もある。
それでも、出来るだけ新郎側の為の努力はしたとは思っている。

ただ、終わってみて感じたのは、自分は「業務的」な受付をやっていたのだなと。
恐らく、真面目と言う印象は与えられても、他に良い印象は与えられなかっただろう。



後は、式場スタッフで同じフロアに居た一人、
恐らく一番若いであろうスタッフを人間ウォッチングの様に観察していたが、
おめでたい雰囲気を醸し出す事が全く出来ておらず、対応もその場凌ぎであり、
とても祝福をする場所のスタッフとしての表情や対応ではないなと感じた。

コメント

今更ながら受付有難うございました!

自分はでちさんの気さくな面を十分過ぎるほど知った上で、知人の中で最も礼儀を知り、重んじている方と思っております。
カードにも書かせて頂きましたが、そこから自分が学んだ事は決して少なくないと思っています。

先にゲストカードを送るという一般的でない手法だった為、お手数をおかけしてしまいました。

自分の目の届かない範囲とはいえ、もう少ししっかり周知出来ていればと反省ポイントになりました。

受付をみたうちの親族からは、真也にあんなにしっかりした友人がいるなんて!と驚かれ嬉しく思いましたw

もっと早くBlogを確認し、先日の食事の席などでお話し出来ていれば!と悔やみましたw
また近々登山や映画の際にでも集まってお話しできればと思います!

本当に有難うございました。

  • 2015/07/30(木) 00:01:37 |
  • URL |
  • な #-
  • [ 編集 ]

主賓の目に入れるべき内容ではないのだけれど、
少々思う事もあってか、日記として色々書いてしまいました。

自分としては、マニュアルっぽい考え方なんだなと思う事もありますけど、
やはり礼儀やマナー、挨拶と言うのは、華やかで楽しい雰囲気の中でも、
とても大事で重要な事だと考えています。

本当は、同窓会の受付みたいな感じのラフな内容の方が、
楽しいし、気を使わなくて良いのでしょうけどね。

何か思う様な事あれば、また今度会った時にでも。

  • 2015/07/30(木) 21:39:19 |
  • URL |
  • S&D #Czd0pvt.
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad