R-T-A Diary

リアルタイムアタックな日記では無く、日々をアクセル全壊で空ぶかしをしている様な日記ですので、間違われた方はCTRL+Wで。。

豪華3本立て

:映画Go!プリンセスプリキュア Go!Go!!豪華3本立て!!!:

とりあえず簡単に感想をば。


:キュアフローラといたずらかがみ:

日本のCGアニメーション技術が、ようやく映像作品として使用出来るくらいのクオリティになった為、
試験的に作られた、みたいな話を聞いた記憶があるが、確かにそう感じさせてくれる内容だったかと。
SDのキャラクターは、ピクサー等の様な非常に立体感ある丸みを出しており、
表情もしっかりとしており、以前にあったオールスターズのDANCE LIVEの様な人形感も無い。
キャラクターの動きも急に身振りが早くなったりする様な事は無く、非常にマイペースで良い。

とにかく、「可愛い」と言う感想がはっきり持てる作品であり、
これくらいのクオリティが出せるなら、今後のCGアニメーションには期待を持てる気がする。


:パンプキン王国のたからもの:

時間配分を今までの長さから3等分して今回上映された3本分を作っている為、
メインであろう本編のはずなのに、尺を合わせる為なのかストーリーが味気無い。
所々、総集編でも見ているかの様な場面の飛びっぷりを感じる。

5GoGoのおかしの国と似た様な設定ではあるが、あの作品は、敵と敵が関係した舞台があり、
その舞台の人物がプリキュアと関わって話が進むと言う内容だが、
今回は敵とプリキュアが直接関わり、その後にプリキュアと舞台の人物が関わる内容。
話のヒロインも居るのだが、キャラクタ自体の必要性が特に感じられず、モブと言っても良い。
全体の内容として、何時もの日常が少し肥大化しただけに思えるので、
もう少しキャラクタ同士の関わりが欲しかったと言うのがストーリーの感想である。



正直、予告編を今見ると、物凄い予告詐欺に感じてしまう。

アクションシーンは劇場映画と言う事でかなり良く、こればかりは凄く満足している。
何より、3月のオールスターズで見られなかった劇場スクリーンでの変身バンクが早々に見られ、
約7ヶ月と言う時間、待った甲斐ががあったな~と最初に思ってしまった♪

Go!プリンセスプリキュア 38話 OP はるかGo!プリンセスプリキュア 38話 OP みなみ
Go!プリンセスプリキュア 38話 OP きららGo!プリンセスプリキュア 38話 OP トワ

全員、劇中の普段着とこれらの格好からの変身バンクも用意されており、
みなみの変身の際、結っている髪が解ける部分など、拘りもしっかりしている。
作中のはるかの仕草は相変わらず可愛いので、

Go!プリンセスプリキュア 38話 はるか

先週、こんな表情をしていた事をついつい忘れてしまう・・・。


:プリキュアとレフィのワンダーナイト!:

これが今回の本編な気がしてならない。
自分達の日常が敵のせいで脅かされているから、プリキュアに助けて欲しいと言う何時もの内容。
根本的な内容部分はどの作品も同じはずなんだけど、それを舞台の登場人物がプリキュアに頼む、
この工程がしっかりと描かれると、それだけでストーリーや設定がしっくり来るなと感じる。
ただ、「パンプキン王国のたからもの」から話が繋がっている様な雰囲気を醸し出してくれるけど、
それがどう言う事だったのか、と言う説明が無かったのは少し残念である。

映像は、EDで使用されている様なCGアニメーションではあるが、
最初は少しコマ落ち感を感じれど、すぐに慣れて普通のCGアニメーションに見えてくる。
逆にCGアニメーションと言う事で、キャラクターをどの角度からでも見せる事が出来るので、
キャラクターの動きも多彩で、それに伴ってカメラワークも凄く面白い。
それでいて、普段のアニメの様なギャグ的な表情や演出を混ぜても楽しめているので、
映像作品として、しっかりと完成されている作品だなと思った。

昔、CGになったワンピースの映画を観て、何てつまんねぇんだって思った事があったが、
今後、こう言う感じのCGアニメーションが増えるのなら、それは楽しみである。



とりあえず簡単な内容だけど、軽く思った事を書き殴ってみた。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://react.blog68.fc2.com/tb.php/3588-e59d6c90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad