R-T-A Diary

リアルタイムアタックな日記では無く、日々をアクセル全壊で空ぶかしをしている様な日記ですので、間違われた方はCTRL+Wで。。

登山活動開始

年が明けて初めての登山に赴いて来ました。

Takao_01.jpg

場所は東京観光地の高尾山。
友人は登った事が無い為、どう言う場所かを知らない。
また、観光地として有名なだけに、一度は行ってみたいと言う為、
それなら登ってみようと言う事で赴く。

ルートはケーブルカーを使わず、六号路を通って山頂を目指す。
そんなこんなで、7時50分ころ準備が整ったので開始♪



途中、山道の看板で、生息動物や植物など、山の案内を見たり、

くだらない話を駄弁ったり、

腹がぐぅ~・・・っと鳴ったりして、早々に腹が減ったなとか言ったり、

そんな時間を過ごしながら山頂を目指した。











Takao_02.jpg

9時10分頃、山頂到着♪

友人は「えっ?」と言う表情をしており、高尾山と言う場所を理解してくれた。
何時もは、山頂に着いたら昼食を取る様にしているのだが、
まぁ、とてもじゃないが昼食と言う時間では無く、下手をすると遅い朝食である。
と言うか、自分が会社で朝食を取る時間とほぼ同じである。


Takao_03.jpg

そうは言っても折角なのでと何か食べる事にし、とろろ蕎麦を食う事にした。
蕎麦が中々の太さで、食感など食い応えが良かったのだが、
つゆが塩分間違えてない?ってくらい味が薄く、醤油を足したくなってしまった。
蕎麦の形、食感、味の薄さから、ついつい二郎が食べたくなってしまったり・・・。


腹も膨れた事で、そのまま四号路~一号路を通って下山する事にした。
下山時は、これから山頂へ登っていく方々と若干数すれ違い、
薬王院あたりからは本当に人が多くなって来た。
途中、茶屋で子供が販売している商品の値段に関して、
大声で「ぼったくりだ!!」と叫んでおり、周りの大人達が慌てふためいてましたが、
物資を登山途中の茶屋まで運んで、人がその茶屋へ赴いて調理、販売をするので、
近所のスーパーとは違い、手間が掛かっている事を理解するのは10年以上後だろう。


そんなこんなで、11時過ぎに下山を終え、帰宅開始。
途中、昼食に食べた海鮮丼が多すぎて真面目に死にそうになる。
と言うか、海鮮丼を大盛りにすると、途中から刺身が温くなるので、
臭いが増してキツいって事を理解する。


・日差しが暑い
・適度な疲労
・若干の睡眠不足
・渋滞
・満腹感

最悪のバッドコンディションで眠くならないのがおかしい。
信号で停止している時間が本当にヤバく、途中のコンビニで20分くらい休憩を取らさせてもらった。
その後、友人を家まで送り届け、帰宅完了。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://react.blog68.fc2.com/tb.php/3979-c0b59cfa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad