R-T-A Diary

リアルタイムアタックな日記では無く、日々をアクセル全壊で空ぶかしをしている様な日記ですので、間違われた方はCTRL+Wで。。

不思議な店に出向き、訳あって食事をせずに帰宅

昨日、錦糸町に少し変わったネタを出す焼肉屋があると聞いたので、
友人2人を誘って行ってみる事にしたが、当日赴けば予約客で一杯。
そもそもにして、予約は4人からと言う制約が意味不明。
友人の1人は遅れて到着する予定と、幸先が悪いスタート。

予約客は手厚くおもてなし、予約してない客は放置、みたいな店先対応され、
店員Aは席が空くのは20時と言う対応の数分後、
店員Bは席が空くのは22時頃と言う謎のスケジュール管理体制。
店員Aの塩対応も凄く、
「席が空くのは20時です」と言うだけ言って店に戻るとか、初めて受けた対応だったね。
待ちますか?待ちませんか?こんな質問は無い。

最終的に20時からと言う事にして席を頼むも、
カウンターに3人で横に並んで、真ん中に七厘を置くと言われるが、
どうやって肉を焼くのか、イメージが湧かない。

名前と連絡先を書いてくれとクリップボードを渡されるが、
A4の白紙に店員が無尽蔵に情報を書きこんでいる為、何処に書くのか解らない。
あの紙を見ただけで、どう言う店なのかを何となく察した。

近場で時間を潰していると、店から電話が来るが、
何故か店先で受けた説明を、電話越しに店員Aが再度復唱する。
とどめの一言は、当店をご利用するのは初めてでしょうか?と言う問いにYesと応えたら、


「それでしたら、落ち着いている日に、改めてご来店すると言うのは如何でしょうか?」


何言ってんだ、コイツは?と言う状況。
「ご利用いただき、ありがとうございます」とでも言われると思った自分が馬鹿みたいだった。
色々な暴言が喉から一気に出そうになったけど、
錦糸町と言うこの場所が遠いので、後日とかご勘弁願いたいので今日で良いですと、
最低限のオブラートを掛けて返事をして、そのまま電話を切る。

正直、店に来る事が目的だった為に、一気に気分がげんなりした瞬間である。
グルメ紹介サイトで、店側自身が書いている紹介文でも、既におかしい感じがしていたが、
店に入る前にそれらを何となく実感した。


結局、その後、近場で色々と時間を潰そうと思えど、
遅れて来る友人が無理になったので、店に連絡を入れて20時の予約をキャンセルした。



基本、やってもいない事、行ってもいない店、場所なんかに対し、
感想を述べる事はしないのですが、今回は色々とキテいたので愚痴る事にする。
店名は、とりあえず書かない。
教えろと言われれば応える。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://react.blog68.fc2.com/tb.php/3990-f6f5eff9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad