R-T-A Diary

リアルタイムアタックな日記では無く、日々をアクセル全壊で空ぶかしをしている様な日記ですので、間違われた方はCTRL+Wで。。

質問を質問で返すな、とよく言うが・・・

質問の内容の部分部分が本当に意味不明の場合、どうしようもないなと。

Q.「この注文書のリンゴ100個ってあるけど、これは何?」

こんな感じの質問が飛んで来た。
まず、

「この注文書」

これが既に解らない。
「この」って何よ?
こちらは、そちらが言う「この」が理解出来ていないので説明して欲しい。
それが解らないのだから、

「リンゴ100個」

これが余計に解らないのは当たり前なので、

『リンゴ100個って何ですか?』

「リンゴ100個」が何で発生した内容(注文書)なのかを知る為に聞き返せば、

「この注文書のだよ」

だから、「この」が解らないので、

『この注文書って何ですか?』

結局、こう聞き返す選択肢しか残っていない訳である。
そして何故か、この流れを質問を質問で返すな、と言うやり取りにされてしまう。
正直、

「この注文書」
「リンゴ100個」

この2つの解を得ない限り、先に進める気がしない。
それを理解されない辺り、このやり取りに意味は無いなと実感した。

最終的に困ったのは、リンゴ100個の注文書は自分が担当した物では無く、
何処から出て来た数字で、誰が注文したのかが解らない始末。
でも、何で100個注文したの?と言う話の流れになる。


知らんがな



ちなみに、発注書とかリンゴは実際の話では無く、解り易い単語に置き換えているだけ。
やり取りの流れは実際にあった内容である。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://react.blog68.fc2.com/tb.php/4007-f6d503c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad