R-T-A Diary

リアルタイムアタックな日記では無く、日々をアクセル全壊で空ぶかしをしている様な日記ですので、間違われた方はCTRL+Wで。。

お買い物♪

Kaimono_20170425_PC_EVGA1060SC_1.jpg
:EVGA GeForce GTX 1060 SC GAMING:

前々から、このメーカーのグラボには興味があったので、
今回、思い切って購入してみる事にした。

パッケージにも書いてある様に、VRAMは3Gの物をチョイス。
最初は6Gの物を購入しようと思っていたのだけど、購入しようか考えている時、
米Amazonのサイトでは1~2日で在庫が入ると言う表記になっていれど、
翌日になったら1~2ヵ月で発送、と言う訳の分からない表記に変わり、
流石にこんなに待ってられねぇよ・・・と思ったのと、
元々、ドンパチしたりするゲームをする訳でも無く、
やる事は映像関連の事と、ゲームにしてもフロンティアをプレイするくらいなので、
だったら3Gの物でも良いか?と思ってこちらにした。
価格も60ドルくらい安いので、適正価格なのかもしれない。

そして注文した翌日、

「残り在庫5個」

と言うくそったれな状況になり、
更に翌日には、普通に在庫ありになっており、本当にまいっちんである。
まぁ、自分の用途では3Gで十分だと思っているので、気にしないでおこう。



Kaimono_20170425_PC_EVGA1060SC_2.jpg

とりあえず開封。
このカード、ハーフサイズで省電力なのに、性能は良いとの話なのだが、
どうも電源部品の発熱が結構な事になっているらしく、ちょいと心配だった。



Kaimono_20170425_PC_EVGA1060SC_3.jpg

なので、速攻で補償シールをドライバで貫通してネジを外して分解。
こう言うヒートシンク、ヒートパイプの配置や構造を見ると、
仕事柄、何でこんな形なんだ?と言う疑問ばかり出て来る。
デスクトップのパーツは、部品の大きさの制約がそこまで無いと思うのに、
もう少し部品との位置関係や効率を考えて設計した方が良いと感じる。
まぁ、メインの板以外にコストを掛けたくないのかもしれませんがね。

とりあえず、電源周りの部品に熱伝導部品を貼って、フィンに逃がす事にした。
メモリにも当てようかと思ったが、ヒートパイプに直で当てる事になり、
GPUからの熱移動で影響を受けると嫌だと判断し、やめておく事にする。


そんなこんなでボードを組み立て直し、PCを起動して画面チェック。
問題無く表示もされており、肝心の動画の確認を行ってみたら、
とても再生が軽く、それだけで感動してしまった。
これで、色々と仕事や作業が捗るかと。
後、フロンティアでHG画質でプレイ出来るだろうから、楽しみである。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://react.blog68.fc2.com/tb.php/4090-c6d85fea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad