R-T-A Diary

リアルタイムアタックな日記では無く、日々をアクセル全壊で空ぶかしをしている様な日記ですので、間違われた方はCTRL+Wで。。

無自覚が無自覚を語る

総じて『嫌がられるカテゴリ』が存在する中、
一人の無自覚君に、

「こう言う事を無自覚でする人って周りから嫌がられるよね」

当人はそう語る。


【こう言う事】に関しては、自分も言いたい事は解るつもりだし、
それが『嫌がられるカテゴリ』に分類されている事も理解している。
当人にとって、それは自身のボーダーラインを越えてしまっており、
その行為を無自覚で行っている事に憤りを感じているらしい。

だが、そう語っている当人が普段行っている事は、
【こう言う事】よりも『嫌がられるカテゴリ』での上位に位置し、
簡単で解りやすく、周りに直接的な被害を与えられる。
それを繰り返すのだから、自身のボーラーラインの内側なのだろうが、
大衆的なボーダーラインと照らし合わせると、遥かにオーバーしている。

行う瞬間にフィルタでも掛かっているのかは解らないが、
自身が何をしているか、と言う事の分類が出来ていないとしか思えない。
それが『嫌がられるカテゴリ』だと言う自覚が無く、
その事を周りが気付かせないから無自覚なのも当然なのだが、
言ったところで理解されるかも怪しい。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://react.blog68.fc2.com/tb.php/4244-8da167c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad